開港祭の花火を見に車で行ける?野毛山公園や港の見える丘公園はどう?

公開日: 

838916adbba39216c2c271859a7994d3_m

毎年多くの見物者で賑わうのが横浜開港祭の最終日に行われる花火です。

打ち上げ場所はみなとみらいの臨港パークになります。

こちらには3路線の電車それぞれに最寄り駅があり、電車で訪れる人が多いですが、中には車で見に行こうと計画中の方もいることでしょう。

そんなあなたのために車で花火を見に行く際の役立ち情報をお伝えします♪

スポンサードリンク
 

開港祭の花火を車で見に行こうとするのはどうなの?

開港祭の花火が打ち上げられるのはみなとみらい地区の臨港パークになります。

みなとみらいにはパシフィコ横浜やランドマークタワーなどの大型施設を始めとして多数の駐車場を利用することができます。

花火の当日もこうした駐車場に駐車できるなら、会場まで歩いて見に行くことができるのでありがたいです。

しかし、開港祭の花火の日にはこれらの駐車場を利用するのはほぼ100%不可能と言わざるを得ません。

というのも開港祭のイベントは花火だけではないので、日中から毎年多数の参加者がいます。

花火が打ち上がる日でもある2015年6月2日(火)は開港の日でもあるので、横浜市内の学校はお休みです。

ということは、花火の日は平日であること関係なしに大変多くの人出となることが容易に推測されます。

それでも車を利用して会場まで何とか行こうとする場合には、どうすればいいんでしょうか?

会場から少し離れた場所にとなる駅の駐車場に車を停めて、その駅から会場の最寄駅まで電車で移動するのが、答えとなります。

具体的にどのような駅が対象となるかですが、横浜駅もしくは更に会場から遠い駅なら良いでしょう。

その他には中華街にも多数の駐車場が整備されていますので、こちらを使うのも良いですね。

繰り返しになりますが、会場まで直接車で行こうとするのは、すっぱり諦めましょう。

会場ではありませんが、車で乗り付けることが出来て、花火見物も出来るスポットをこの後紹介しますので、そちらも参考にして下さい。

横浜開港祭の花火見物を野毛山公園でする際の注意点

横浜開港祭の花火を少しのんびりと見たい人には野毛山公園をおすすめします。

打ち上げ場所からは離れていますが、花火はしっかりと鑑賞することが出来ますよ。

スポンサードリンク

また、人がそれほど多くもないので、小さなお子さんと一緒に花火見物をしたい方も安心です。

こちらの公園には動物園も併設されているのですが、開園時間(16:30まで)と花火の開始時間(20:30頃)を考えると、2つをハシゴするというのは難しいですね。

半日見物のためにコチラの公園に来る際の注意点として駐車場があります。

野毛山公園自体には駐車場がないので、近隣にある駐車場に停める形になります。

料金の目安に横浜市交通安全協会が運営している野毛山有料駐車場の駐車料金をお伝えします。

・平日:200円/30分
・土日祝日:250円/30分

この駐車場について更に詳しく知りたい場合は、以下の連絡先に問い合わせて見て下さい。

業務部業務課:
・電話:045-671-9709
・FAX:045-671-9829
・メール:car@yokohama-ankyo.or.jp

ゆったりと開港祭の花火を見るなら野毛山公園はおすすめスポットですよ♪

開港祭の花火を港の見える丘公園で見る前にチェック!

開港祭の花火が見れる知る人ぞ知る穴場スポットが港の見える丘公園です。

観光スポットとしてとても有名なこちらが何故穴場なのかというと、
会場からちょっと遠い上に公園内でも花火が見られるポイントが限られている、ということが理由です。

こうした理由があるのでみんながこぞって行く場所ではないんです。

ということは逆にこちらでならゆっくりと見られるということですね。

ただし、上記の通りどこの場所を確保するかは重要なので間違えないで下さい。

花火の打ち上げが行われる場所はみなとみらい地区の臨港パークになりますので、山下公園側の展望エリアからバッチリ見られます♪

当日しっかりと最終チェックをして場所取りを行って下さいね。

車で行ってもこちらは観光スポットなので駐車場には困りません。

24時間使える駐車場もあり、港の見える丘公園駐車場もそれに当てはまります。

コチラの駐車料金は以下の通りとなっています:
・平日 最初の30分:200円、以降30分:200円
・土日祝日 最初の1時間500円、以降30分:250円

こちらに限らず公園周辺には多数駐車場が整備されているので、停める場所がなくて困ることにはなりません。

会場からちょっと距離のある場所からじっくり花火見物も良いですね♪

さいごに

開港祭の花火会場まで車で行くのは無理だと断言出来ますので、会場で見ようと思うなら電車も使うことが必須です。

野毛山公園や港の見える丘公園から花火を見るなら、駐車場にも困りませんし、混雑程度もそれほどでもないので、これらの場所での見物もおすすめですよ♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑