横浜開港祭の花火の打ち上げ場所はどこ?アクセスは?有料席だけ?

公開日: 

e4964c33f8ea93f7e38c30672dec2448_m

横浜開港祭の花火大会は開港祭のフィナーレとして毎年多くの人出があります。

打ち上げ場所や会場までのアクセス、更には有料じゃないと見れないのか?といった、基本的な情報についてまとめました。

花火観覧の計画を立てる参考にして下さい。

スポンサードリンク
 

横浜開港祭の花火の打ち上げ場所など基本情報はこちら

横浜開港祭は毎年6月2日の開校記念日にあわせて開催されます。

2015年は5月30日(土)、31日(日)、6月2日(火)の3日間の日程で開催され、最終日6月2日のフィナーレとして花火は打ち上げられます。

打ち上げ場所はみなとみらいの臨港パークになります。

2015年についてはまだ細かい日程が発表されていませんが、例年通りですと打ち上げ時間は20:30からの30分程度になるかと思います。

開港祭の花火の特徴は音楽・レーザー光線とコラボすることです。

この点において他の花火大会とは一線を画するので、一見の価値はあるのではないでしょうか?

横浜開港祭の花火会場までのアクセス紹介

横浜開港祭の花火会場はみなとみらいの臨港パークになります。

当日は交通規制が敷かれ、また会場近くの駐車場も利用しにくい状況になっていますので、会場までは電車などの公共交通機関を使って移動することになります。

みなとみらい線を利用する場合は「みなとみらい駅」または「新高島駅」で降りて下さい。

スポンサードリンク

各駅から会場までは「みなとみらい駅」からは徒歩5分、「新高島駅」からは徒歩10分となっています。

続いてJRを利用する場合は「桜木町駅」が最寄り駅になります。

駅から会場までは徒歩15分になります。

最後に市営地下鉄を利用する場合も「桜木町駅」が最寄り駅となります。

駅から会場までは徒歩15分になります。

なお、桜木町駅からは会場まで無料のシャトルバスが例年は走っていますので、こちらを利用することも検討してみてください。

いずれにせよ3路線の中からご自分の便利の良い最寄り駅を選ぶことができますので、便利ですね♪

横浜開港祭の花火は有料じゃないと楽しめない?

横浜開港祭の花火大会の特徴は音楽とレーザー光線と花火のコラボレーションだと、先ほどお伝えしました。

この特徴を最大限に楽しむために、有料の特別観覧席が用意されています。

打ち上げ場所の間近に設けられたこの席からは音と光と花火のコラボを存分に楽しむことができます。

とは言え、例年この有料席は6,000円程度と決して安いものではありません。

では、有料じゃないと花火は見れないのか?というとそうではありません。

無料でも会場周辺でしたら十分に楽しむことが出来ます。

花火を見るだけでしたら、ある程度離れた場所(山下公園・大黒ふ頭など)でも楽しめるようですが、音・光も一緒に楽しむのであれば、やはり会場周辺が良いと思います。

ご自分の目的に合わせて良い場所で観覧して下さい。

最後に

横浜開港祭のフィナーレを飾る花火は6月2日に行われます。

打ち上げ場所はみなとみらいの臨港パークとなり、当日は有料になりますが、特等席も用意されています。

無料でも十分に楽しめますので、花火シーズンの幕開けとなるこちらの大会をご覧になってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑