神宮花火大会を伊藤忠から見られるか?都庁からは?新宿NSビルからは?

公開日: 

57a63dd4c8caa539b1bb85febdca333a_m

神宮花火大会はチケットが高価なこともあり、無料で見られる場所を探している人も多いですね。

いくつかの有名なスポットの中には伊藤忠本社ビル・都庁・新宿NSビルがありますが、実際のところ見られるのでしょうか?

この点についてハッキリさせるとともに各ポイントの注意点をお伝えします。

スポンサードリンク
 

神宮花火大会は伊藤忠本社ビルから見られる?

神宮花火大会は伊藤忠本社ビル付近でしっかりと見ることが出来ます。

打ち上げ場所に近いこともあり、迫力満点の花火が見られるとあって例年たくさんの方がこちらの場所で観覧しています。

したがって、当日は混みあることを覚悟して参加して下さい。

花火の打ち上げ開始が例年午後7時30分からですので、その2時間前には観覧ポイントを確保しておきたいところです。

幸いこちらの近くにはコンビニがありますので、トイレを借りることも出来ますし、ビールが無くなればすぐに買いに行くこともできます。

混雑することを前もって把握した上で、当日の花火を楽しんで下さいね。

神宮花火大会を都庁から見ることは可能?

神宮花火大会の花火は都庁の展望台から見ることが出来ます。

こちらも無料で花火が観覧できるスポットとして有名ですので、毎年たくさんの方が観覧のために訪れます。

室内で冷房が効いているというのも嬉しいですよね。

しかもこちらの展望台は無料で入ることが出来ます。

毎日の開室時間は9時30分~23時となっていますので、花火が終わった後もゆっくりと東京の夜景を楽しむことが出来ますね。

スポンサードリンク

休室日は北展望室が第2・第4月曜日、南展望室が第1・第3火曜日となっています。

花火大会は例年週末に行われますので、休室の心配はなさそうですね。

しっかりと高層階から花火が見られる上に入場無料というのも嬉しいですね。

当日は混雑することへの対策を忘れずに行い、楽しい花火観覧にして下さい。

神宮花火大会を新宿NSビルから見る時の注意点

神宮花火大会を新宿NSビルから見られるか?という問いに対する答えは「見られる」になります。

ただし、ネット上では誤った(古い)情報が多数見られますので、注意が必要です。

新宿NSビルの30階の展望フロアから花火が見られる、という情報が多数見られるのですが、これは現在では嘘になります。

というのも30階の展望フロアが現在は閉鎖されてしまっているので、当然ながら花火大会当日もこちらから花火を見ることは出来ません。

では、どうすれば新宿NSビルから花火を見られるか?という問いに対する答えは「29階のレストラン街のお店から見る」ということになります。

29階には幾つもの飲食店があり、方角的に全てのお店とは行きませんが、一部のお店からは花火が観覧できます。

このお店に関する情報は以下のページで詳しく書いていますので、参考にして下さい。

参照:神宮花火大会をビアガーデンで楽しむ!花火が見えるお店はココ!ビールは必須だ!

食事を食べながらではなく、あくまで無料で見られることにこだわる、という方は同じ新宿でしたら都庁の展望台から見るのが良いかもしれませんね。

まとめ

神宮花火大会は伊藤忠本社ビル・都庁・新宿NSビルのいずれからも見ることは出来ます。

伊藤忠本社ビル・都庁については毎年多数の人が訪れますので、混雑することを見越した準備が必要です。

新宿NSビルについては展望フロアが閉鎖されていますので、花火を見るには29階にあるレストラン街のお店を利用する必要があります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑