転んでも、大丈夫の読書感想文の書き方を分かりやすく説明します

公開日: 

夏休みの宿題に出された読書感想文を「転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由」で書こうと決めたあなたのために、どうやって書いていったらあまり悩むこともなく上手く仕上げることができるかを解説していきます。大事なポイントをしっかりとおさえて効率よく感想文を仕上げたいと思っているなら、必ず読むようにしてください。

スポンサードリンク
  

転んでも、大丈夫の読書感想文の上手な書き方を紹介します

早速「転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由」の読書感想文の書き方について紹介していきます。まず最初にお伝えしたいのは感想文を書くのであれば、どんな作品であっても必ず書くようにしたいポイントになります。具体的には以下の3つの質問に対するあなたなりの答えを必ず盛り込むようにしましょう。

・作品全体を通して作者があなたに最も伝えたかったこと(主題と言います)は何だと思いましたか?

・あなたはどうしてそれが主題だと思ったのですか?

・この作品を読んだことで読む前と比べてあなたが毎日の生活の中で変わると思うことは何ですか?

感想文を書くのであればこれらは絶対に書いていきたい内容となります。一度読んだだけではピンとこなかったなら、もう一度これらの質問を頭の片隅に置いたままでもう一度読んでみることをおすすめします。それでもやっぱりピンとこないのであれば、下にあげる記事も参考にすることをおすすめします。

参考:読書感想文の書き方は小学生高学年はこれでバッチリ!中学年も大丈夫!

「転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由」に話を戻しましょう。この作品は実在する人物である臼井二美男さんが主人公です。臼井さんのお仕事は義肢装具士です。義肢装具士とは義手や義足を作ることであり、必要とする人の中には生まれつき手足がない人もいれば病気・事故で手足を失ってしまった人もいます。こうした人たちが自分らしく生き生きと毎日の生活をすごせるようにと、臼井さんは義手や義足を必要とする人たちの人生そのものと向き合い、日夜努力を続けています。この作品の中では、義肢装具士とはどのような仕事なのか?臼井さん自身の半生について、またパラリンピックに出場するほどのトップアスリートとの深い関係性について紹介している作品です。

スポンサードリンク

もちろん自分でもしっかりと作品を読んだ上で以下の質問に答える形で感想文を書き進めていきましょう。

臼井さんは義肢装具士として義手・義足を作るのであれば、手足を失ってしまった人の体の特性はもちろん心の痛みとも寄り添うことの重要性を述べています。
・あなたは自分以外の誰かの心の痛み・悩みを言葉はなくとも感じ取ったことはありますか?
・あなた自身の心の痛み・悩みについてご両親や友達など他の人に打ち明けたことがありますか?また打ち明けたことであなた自身の心にどのような変化がありましたか?

臼井さんはなかなか患者さんに信頼されませんでしたが、諦めずに努力を続けて信頼を得られるほどの義肢づくりの技術を身につけました。
・あなたは(できないことの)悔しさをバネにして諦めずに頑張ったことがありますか?それはどのようなことですか?

義肢装具士になるまで臼井さんは自分が本当にやりたいことと出会うことがありませんでした。
・今現在で何をするのがあなたは好きですか?
・将来はどんな生活を送りたいと思っていますか?
・将来はどんなお仕事(職業)に就きたいと思っていますか?そのお仕事は誰のためになることでしょう?

最初に伝えた3つのポイントとこれらの質問へのあなたなりの回答を書いていけば、十分な分量になるはずですので、慌てずに一つずつ書いていきましょう。感想文には正解なんてないので、あなたが感じたことを書けば良いです。なので、あまり難しく考えずにパパッと思いついたことを書いてしまいましょう。

まとめ

転んでも、大丈夫の読書感想文の書き方について詳しくお伝えしてきました。書いてある内容に沿っていけば、何を書いたら良いだろうか?と悩むこともありませんので、何回でも読み直して書いていってください。

※高学年向け作品毎の読書感想文の書き方は以下の記事でも紹介しています

霧の中の白い犬の読書感想文の書き方のポイントを解説します

茶畑のジャヤの読書感想文の書き方|高学年のあなたが書くべきポイントはここ

チキンの読書感想文の書き方を解説|これを読めば一人でもバッチリ!

ぼくたちのリアルの読書感想文の書き方を分かりやすく解説します

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑