POP広告の文字の大きさどれくらいにすれば良いの?

公開日: 

初めてPOP広告を書くことになった時に悩むことの一つが文字の大きさをどうすれば良いか?ということです。どれくらいの大きさが適当なのだろうか?と悩んでいるあなたのために文字の大きさについての考え方についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク
  

POP広告の文字の大きさについての考え方を解説します

POP広告の文字の大きさについての単純な法則は大きい文字ほど目立つ!ということです。つまり、とにかく目立たせようと思うなら、POP広告を貼る貼るスペースが許す限り、大きな文字にすれば良いことになります。ある意味とても明確な法則ですね。

とはいえ、POP広告の文字全てが同じサイズで大きいと見にくい上に何を伝えたいのかがお客様に伝わらない可能性があります。こうしたことにならないためにも一番伝えたいことを一番大きな文字で書くことをおすすめします。商品名が一番伝えたいなら商品名を価格が一番なら価格を一番大きな文字で書いて、それを見たお客さんの目を引くようにしましょう。

スポンサードリンク

その上で商品に関する説明(材料の特徴、製造過程のこだわりポイント、モンドセレクション金賞受賞など)を上で伝えた文言よりは小さい文字で記載することになります。まずは一番伝えたいことでお客さんの興味を引いた上でプラスして伝えたいことを淡々と説明する、というイメージになります。

POP広告をしっかりと目立たせるためには文字の大きさに加えて使うフォントや色にもこだわっていきたいところです。例えば、一番伝えたい文言にはMSゴシック体などの太さが一定のフォントが良いですし、商品の説明文については読み易いMS明朝体などが良いでしょう。また、色については背景と文字との組み合わせを補色にするなどの工夫をしていきたいところです。これらについてはそれぞれ以下の記事で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

フォトについては ⇒ POP広告をパソコンで作るならフォントは何が良い?どうやって選ぶ?

色使いについては ⇒ POP広告ではどんな色の組合せが良いか?目立つには?馴染ませるには?

まとめ

POP広告を書く際の文字の大きさについて解説してきました。基本的には大きければ大きいほど目立つので一番伝えたいことを一番大きな文字で書き、商品説明についてはそれよりも小さい文字を使うことを基本ルールにしていきましょう。また、フォントや色使いについてもちょっとしたことを気をつけるだけでかなり印象が変わるので、一緒に注意していきたいところです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑