POP広告ではどんな色の組合せが良いか?目立つには?馴染ませるには?

公開日: 

初めてPOP広告を作る際に気になることの1つがどんな色の組合せで文字と背景を作れば良いか?ということです。そこで、しっかりとPOP広告の文字が目立つための配色と逆に商品や内装といった周囲の色に溶け込む(馴染む)ための配色についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク
  

POP広告で文字を目立たせるための色の組合せとは?

最初にお伝えするのは多くのお店で見られる価格や商品の特徴、キャンペーン情報といった特に訴えたい情報をしっかりとお客様に認識してもらうためにPOPに書かれた文字を目立たせるための色の組合せを紹介します。

この際の基本的な考え方は色の「補色」を意識するということです。一般的に補色とはお互いを引き立てある色の組合せのことを言います。代表的な12色を補色の組合せごとに分けると以下のようになります。

・赤 – 青緑
・赤みの橙(だいだい) – 緑みの青
・黄みの橙(だいだい) – 青
・黄 – 青紫
・黄緑 – 紫
・緑 – 赤紫

補色の関係で考えれば、青緑色を背景に赤色文字を使うことで文字が目立ちやすいということになります。上で紹介した文字の組合せを知っておくことで色選びはかなり解決するはずです。

スポンサードリンク

しかし、これらの組合せで作ってみるとなんか見にくいかも・・・と感じるかもしれません。これは補色関係にある色同士がそれぞれの特徴を打ち消しあってしまう(ハレーションといいます)特性によります。こうなった場合の対処法は非常に簡単で文字周りを白縁で囲うことでハレーションは解決します。

とにかくPOPの文字を目立たせたいと思ったら、補色の組合せ+文字周りを白縁、を基本に作っていきましょう!

POP広告の文字を周囲の色に溶け込ませたい時にはどうする?

セレクトショップや高級飲食店などといった落ち着いた雰囲気を演出したお店ではPOP広告も目立ちすぎては雰囲気が台無しです。この場合にはPOP広告の色は内装や商品と近い色(同系色と言います)を使うようにしましょう。例えば、お店の商品も内装も全体的にパステル調である場合にはPOPもパステル調のものを商品や内装がモノトーン中心であればPOP広告もモノトーンを中心にしましょう。

また、POP広告そのものの背景と文字の色使いも落ち着き・高級感があるものがおすすめです。例えば、パステルピンクの背景に文字はやや薄めの紫、背景を濃いめの青にして文字はベージュ、ライトグレーの背景にダークグレーの文字などが一例となります。

色使いの他にも落ち着きを出すために用紙の余白がしっかりととれるような文字の大きさであったり、細めの文字にすることもおすすめです。

まとめ

POP広告の用途に応じてしっかりと目立たせたい場合と周囲に溶け込んで落ち着いた雰囲気を演出するものを紹介してきました。今回お伝えした考え方を基本としてあなたが売りたいと思っている商品やお店の特徴にあわせて上手な色選びをしていって下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑