POP広告をパソコンで作るならフォントは何が良い?どうやって選ぶ?

公開日: 

POP広告を初めて作ることになってどんなコピーを書くかも大事ですが、いざパソコンで作り出すと、どんなフォントを選べば良いか分からなくなりますよね。ネットでちょっと調べると無料・有料を問わずにオリジナルのフォントが紹介されていてますます分からなくなります。そこで、初心者のあなたのためによく使うソフトに最初から入っていて、定番といえるフォントをお伝えしていきます。また、その中でもあなたがPOP広告を作ろうとしている商品にピッタリのものを選ぶための考え方についても紹介していきます。

スポンサードリンク
  

POP広告作りにおすすめなフォントを紹介します

POP広告をパソコンで作る人の多くが利用するであろうソフトにMicrosoft WordやPowerPointが挙げられます。これらに入っているフォントの中でPOP広告作りにおすすめのフォントには以下のものがあります

・MS明朝
・MSゴシック
・HG行書体
・HG創英角ゴシックUB

*ソフトのバージョンの違いによって入っていない場合はご了承ください

MS明朝やMSゴシックは普段から使う機会が多い人もいるかと思います。POPだから特別なフォントが必要、と思っていたかもしれませんが、これらのような普段から使っているものもその特性を把握して、使う場所を間違わなければ十分にPOP広告用のフォントとして使えます。

POP広告のどこにどのフォントを使えば良いのか?

フォントの特徴を意識することでPOP広告のどの部分に使うのが適しているかが、しっかりと理解することができます。先ほど紹介したフォントを例にそれぞれの特徴とPOPのどの部分に使うのがおすすめかを紹介していきます。

スポンサードリンク

MS明朝のような明朝体の文字は読みやすいという優れた特徴(=可読性)があります。つまり、POP広告上で商品説明をしっかりと描いた場合には説明文に可読性に優れた明朝体を使うのが良いでしょう。ただし、この場合に1つだけ気をつけたいのは、あまり小さい明朝体文字(目安は10pt未満)を使うとプリンター、印刷用用紙の質によっては、文字の細かい部分がカスれる可能性があります。こうなるとせっかくの明朝体の美しさが損なわれるのはもちろんのこと、読み間違いの原因にさえなりかねません。したがって、実際に印刷をしてみて小さい文字が明朝体ではかすれるようであれば、MSゴシックのようなゴシック体を使うのが適しています。理由としては文字の太さが一定のため、サイズを小さくしても明朝体で起きうるかすれなどの問題は起きないからです。

また、MSゴシックHG創英角ゴシックUBには目に付きやすいという特性があるので、POP広告の中で何よりも伝えたい内容(価格・商品名・キャッチコピー)などを表現する際にも適しています。和のイメージを持った商品には商品名やキャッチコピーにもMS明朝HG行書体を使うのも良いでしょう。この場合には太さの違いが気にならないように全体を太字にすることをおすすめします。その他に手書き風の雰囲気を出したい時にはHG行書体を使うこともおすすめです。

基本的にはバーンと目立たせる箇所にはMSゴシックやHG創英角ゴシックUB使い、しっかりと読み込ませたい箇所にはMS明朝がおすすめです。これを基本に商品のイメージに合わせてHG行書体も加えて使い分けてみてください。基本的にルールはシンプルなので、それほど悩まなくても大丈夫でしょう。

まとめ

パソコンを使って初めてPOP広告を作るあなたのためにワードにも入っていて手軽に使えるフォントを紹介しました。普段使っているものが意外にも十分利用可能なことが分かってあなたもビックリしたかもしれませんね。これらをどこの場所に使うかを分かれば、十分にPOPが作れますので、参考にしてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑