くろねこのどんの読書感想文の書き方|ママ必見のお助け情報!

公開日:  最終更新日:2017/07/08

夏休みの宿題の1つである読書感想文の題材にくろねこのどんを選んだお子さんをお持ちのお母さんのために宿題をスムーズに終わらせるために欠かせないポイントを紹介します。知っていればそれほど難しいことではないので、上手にお子さんの気持ちを文章にするフォローをしてあげるための参考にしてください。

スポンサードリンク
  

くろねこのどんの読書感想文の書き方|外せないポイントとは?

くろねこのどんの読書感想文を書く際に外せないポイントは3つあります。具体的にお伝えすると、

・作者が本全体を通じて一番お子さんに伝えたかったことはなのか?

・どうしてお子さんはそれが一番伝えたかっただと感じたのか?

・この本を読む前と読む後でお子さんの毎日の行動がどのように変わると思っているか?

以上の3つになります。実はこれらというのはくろねこのどんに限った話でもなく、年齢も関係なく、感想文を書くのであれば、欠かすことのできない項目となります。もちろん今回もしっかりと感想文の中に取り入れてください。お子さんがうまく自分の思ったことを文章にできないようであれば、お母さんの方でフォローしてあげてください。どうやってアドバイスを送ったら良いだろうか?と不安の残るお母さんは次のページの内容を参考にしてください。

参照:読書感想文の書き方は小学生高学年はこれでバッチリ!中学年も大丈夫!

くろねこのどんに話を戻しましょう。この作品の主人公とは小学校1年生のえみちゃんと黒い野良猫の「どん」です。どんはえみちゃんが雨の日や風の強い日といった独りぼっちで家で過ごしている時に、ふらっとえみちゃんの部屋に遊びに来るようになります。ねこらしく思いっきりマイペースな「どん」とえみちゃんは一緒になって色々な遊びを楽しむのでした。

スポンサードリンク

このような作品の概要を理解した上で以下の質問へのお子さんなりの答えを聞いてみてください。

どんなに仲良くなっても「どん」はえみちゃんの家で一緒に暮らすことはなく、一人で生きています。
・どうして「どん」は一緒にえみちゃんの家で暮らさなかったと思いますか?
・お子さんがねこになったとしたら、どんなふうに毎日生活してみたいですか?

えみちゃんが寂しいと思った時や怖いと思った時に「どん」は部屋に遊びに来てくれます。
・お子さんが寂しい時・怖い時に一緒にいてくれる人・動物はいますか?
・寂しい時・怖い時にお子さんが一緒にいてあげたい、と思う人は誰でしょうか?

えみちゃんと仲が良いはずなのに時々「どん」は言うことを聞かない・逃げる・暴れるといったことがあります。
・このような行動をとる「どん」をお子さんはどう思いますか?
・お子さんは誰かと喧嘩をして、ムカついたり、寂しいと感じた時はありますか?
・なんでも言うことを素直にきく「どん」と本の中のように自由な「どん」がいたら、どちらとお子さんは友達になりたいと思うでしょうか?

最初にお伝えした3つのポイントと上で挙げた質問に答える形でお子さんの考えを文章にまとめれば十分な量になると思います。算数の計算のように絶対的な正解があるものでは感想文はないので、お子さんが感じたことを素直に文章にするようにお母さんの方でフォローをお願いします。

さいごに

くろねこのどんの読書感想文の書き方のポイントについてお伝えしてきました。まだまだ自分が思ったことを文章にするのが簡単ではない年齢ですので、お母さんが上手くアダバイスをしてあげてください。

※3,4学年向け作品の読書感想文の書き方は以下の記事でも紹介しています

二日月の読書感想文の書き方を解説|お子さんを助けるママは必見

耳の聞こえないメジャーリーガーの読書感想文の書き方を詳しく解説

空にむかってともだち宣言の読書感想文の書き方のポイントを解説します

干したから・・・の読書感想文の書き方のポイントを丁寧に解説します

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑