耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイの読書感想文の書き方を解説します

公開日:  最終更新日:2017/07/08

夏休みの宿題の読書感想文の題材にお子さんが「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」を選んだお母さんのためにこの作品で感想文を書く時にはどういったポイントをおさえれば良いかなど書き方について紹介していきます。まだまだ小学生中学年だと自分一人では書ききれないこともあるかと思いますので、お子さんのフォローをする際に役立ててください。

スポンサードリンク
  

耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイの読書感想文の書き方のポイント

早速今回の題材である「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」の読書感想文の書き方を具体的にお伝えしていきましょう。最初に知っていただきたいのは読書感想文なら必ず書くべき内容についてです。どんな作品であろうと何歳のお子さんが書こうと必ず書いた方が良いポイントですので、もちろん今回もお子さんにはこの点を抑えるように指導していきましょう。具体的には以下の三点は外せません。

– – – – –

・作品全体を通して作者があなた(お子さん)に伝えたかったこと(作品の主題)

・どうしてあなたは(お子さんは)それが主題だと考えたのか?

・作品を読んだあなた(お子さん)の行動は読む前と比較してどう変化すると思うか?

– – – – –

お子さんが耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイを読んでこれらについて感じたことを素直に書けるようにうまくアドバイスをしてあげてください。どんな感じで答えが出るように導いてあげればよいだろうか?とお考えなら、以下の記事が参考になりますので、合わせて読んでみてください。

参照:読書感想文の書き方は小学生高学年はこれでバッチリ!中学年も大丈夫!

スポンサードリンク

耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイに話を戻してお伝えしていきましょう。簡単に作品の概要をお伝えすると、主人公のウィリアムは耳が聞こえませんでした。しかし彼はそんなことは全く苦にせず、大好きな野球を人一倍熱心に練習し、ついには野球選手となります。加入したチームでもウィリアムは投げてよし・打ってよしと大活躍です。そんな中ある試合でウィリアムは審判の話す声が聞こえずに困ってしまいます。その時、彼は問題を解決する素晴らしいアイデアを思いつくのでした。

こうした概要を理解した上で、以下の質問に答える形で文章を作っていきましょう。

・耳の聞こえないウィリアムが野球をすることをよく思わなかった人が作品中には複数出てきます。どんな人がどのような言動をしたのかをあげていきましょう。

・ウィリアムが考えたサインやジェスチャーは彼だけではなく、チームメイトや観客にとっても非常に便利なものでした。
 - どうしてチームメイトにとって便利だったでしょうか?
 - 観客のみんなにとってはどうして便利だったのでしょうか?

・チームの中でもスター選手となったウィリアムがある試合で守備位置である外野に向かうとそこにいた観客がみんなして立ち上がり両手を振ってくれています。この光景を見たウイリアムの目には涙が溢れました。これまで野球でどんなに辛いことがあっても泣かなかった彼の目に涙が溢れたのはどうしてだと思いますか?

最初にお伝えした3つのポイントと上で挙げた作品特有の質問に答える形で書いていけば、自然と読書感想文は完成することでしょう。この時気をつけたいのは、感想文に正解はないということです。お子さんが感じたことがご自身のものと異なっていたとしても、それがお子さんにとっての正しい答えなので、無理に矯正することはせずに感じたものを素直に書くように導いてあげてください。

さいごに

耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイの読書感想文の書き方についてまとめてきました。お伝えした内容に沿うように進めれば問題なくあなたのお子さんも書き上げることができるはずですので、うまくアドバイスしてあげてください。

※3,4学年向け作品の読書感想文の書き方は以下の記事でも紹介しています

二日月の読書感想文の書き方を解説|お子さんを助けるママは必見

干したから・・・の読書感想文の書き方のポイントを丁寧に解説します

空にむかってともだち宣言の読書感想文の書き方のポイントを解説します

くろねこのどんの読書感想文の書き方|ママ必見のお助け情報!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑