神宮花火大会を明治公園で見る|場所取りの時間はいつ?無料で見れる?

公開日: 

c2f4563e4835b6a41376cb71e87b1ae2_m

神宮花火大会を各会場で見るとかなりの高額の入場料が必要になってきます。

出来るなら無料で見たいというみんなの味方が明治公園です。

地べたに座ってゆっくりと見られるのが人気の秘密ですが、明治公園で花火大会を見るときの注意点についてご存知でしょうか?

こうした注意点について紹介すると共に他の無料で見れるスポットについてもお伝えします。

スポンサードリンク
 

神宮花火大会を明治公園で見るならココに場所を確保!

神宮花火大会を無料で見られるスポットとして明治公園は大人気です。

年々ここで花火大会を楽しむ人が増えているようですが、人気の秘密はシートを敷いてゆっくりと座って見られることでしょう。

また、本会場である神宮球場などともすぐ近くですから、大迫力の花火を楽しめるのも人気の秘密です。

明治公園で花火をしっかりと楽しもうと思うと場所取りが大事です。

下の地図をまず見て下さい。

この地図で言うと明治公園の右側(東側)にある日本青年館ホテルの更に右側(東側)で花火は上がります。

つまり花火と明治公園の間に日本青年館ホテルが入ってくる、ということです。

したがって、このホテルで花火が隠れてしまわないように、明治公園内でも地図上でいう左側(西側=外苑西通り寄り)に席を確保するのが良いでしょう。

もしくは国立競技場寄り(北側)に席を確保することでもホテルを避けて花火を見ることが可能です。

ちなみに国立競技場寄りの場所から花火を見るとこんな感じになります。

*画面の右下に影が見えている建物が日本青年館ホテルになります。

スポンサードリンク

今回紹介した場所選びさえしっかりすれば、明治公園でしっかりと花火を楽しむことが出来ますよ♪

神宮花火大会の場所取りをするならこの時間

神宮花火大会は年々参加者が増加して場所取りの時間がどんどん早まっています。

これは明治公園についても同様です。

10年ほど前は開始1時間前でもスッカスカなんていうこともあったようですが、今ではそのようには行きません。

それでは何時ごろまでに場所取りを終えるかですが、午後3時ごろまでには遅くとも場所を確保しておきたいところです。

出来るならお昼までに場所取りできればなお良いでしょう。

特に大人数(10名程度)での参加となるとより早い時間での場所取りが求められます。

早朝から場所取りをしている方たちもたくさんいらっしゃるようですよ。

真夏の開催ですから、場所取りの際には日焼け対策や熱中症対策をしっかりと行って下さいね。

待つのも花火大会のうち、というノリで昼間っから一杯やりながら場所取りするのも楽しそうですね♪

神宮花火大会を無料で楽しめる場所を紹介

神宮花火大会を無料で楽しめる場所として明治公園はとても有名ですが、他にも無料で楽しめる場所はありますよ。

例えば会場近くにある伊藤忠商事本社ビルの周辺でもしっかりと花火を楽しむことが出来ます。

こちらは近くにコンビニがありますの、おっとビールが無くなった、なんて時にはすぐに調達に行けますね(笑)

その他には新宿NSビルの展望台、青山一丁目の交差点付近、恵比寿ガーデンプレイスなども無料で花火を楽しめます。

正確には展望台の入場料が必要ですが、六本木ヒルズや東京タワーの展望台も花火がしっかりと見れる場所です。

こうした場所については立ち見になりますので、じっくり座って楽しむならやっぱり明治公園が良さそうですね。

おわりに

神宮花火大会というとショーアップされた有料で楽しむもの、というイメージが強いですが、明治公園を利用すれば無料でもしっかりと楽しむことができます。

早めの場所取りを心掛けて、今回紹介した場所をしっかりと確保すれば、花火を存分に楽しむことが出来ます。

今回の情報を参考に楽しい花火大会を過ごして下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑