爪の水虫治療におすすめの病院紹介|帝京大学医学部附属病院

公開日: 


足の爪がボロボロだったり白く濁ってくる原因は、爪の水虫かもしれません。
皮膚にできた水虫と違って痛みや痒みがないために自覚症状がなく、気がつくと進行してしまっているケースがあるんだとか。
放っておいても治ることはありませんので、早期の治療が必要です。
確実に治療するために、専門の病院を受診することをおすすめします。
皮膚にできる一般的な水虫と違ってあまり耳馴染みのない爪の水虫ですから、詳しい知識を持った先生がいらっしゃる病院できっちり診察してもらえると安心ですよね。
爪の水虫を含め、水虫の治療のエキスパートがいらっしゃる帝京大学医学部附属病院をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

爪の水虫治療に迷っているなら帝京大学医学部附属病院がおすすめ

爪の水虫治療におすすめしたい帝京大学医学部附属病院について詳しくお伝えしていきます。

住所:東京都板橋区加賀2−11−1
電話:03−3946−1211
診療時間:平日 8:30〜14:30(初診の場合)
     土曜日 8:30〜11:30
休診日:日曜日 祝日 創立記念日(6月29日) 年末年始(12月29日〜1月3日)

帝京大学医学部付属病院は、先ほどもご案内したように水虫の分野におけるエキスパートである、渡辺先生がいらっしゃるのです。
渡辺晋一医師は、帝京大学医学部付属病院の皮膚科 科長であり主任教授でいらっしゃいます。
皮膚真菌症、いわゆる水虫研究の第一人者であり、新しい治療薬の臨床開発試験にも多大な貢献をされている医師です。
アトピー性皮膚炎など様々な皮膚病の知識はもちろんのこと、シミやアザなどを傷跡を残すことなく治療するレーザー治療の分野でも有名な先生なのです。

もちろん爪の水虫についても専門的な知識をお持ちなので、症状を見極めて的確な治療を施してもらうことができます。

クリアネイルショット

診察料ですが、保険を適用して1回5000円ほどになるということです。
爪の水虫を完全に治療するには月に1回の間隔で通院することになり、およそ半年から1年はかかります。
費用を合計してみると、30,000円〜60,000円ほど病院での爪の水虫治療には必要になるということになります。

爪水虫を治すのに病院へ行くのが難しいならこれを使おう!

こうしてみると、爪の水虫は放置しておけないにせよ時間的にも金銭的にも、結構コストがかかりますよね。
ご紹介した病院は東京にありますので、遠方の方であれば通院するのも大変です。
そんな人に是非使っていただきたい商品があります。
クリアネイルショットという、爪の水虫専用のケア用品です。

クリアネイルショットは市販されている水虫薬とは違い、爪専用の薬です。
何が違うかというと、浸透力が全然違うのです。皮膚にできた水虫と違い、爪にできた水虫は外用薬では原因菌にまで有効成分が届かず、自宅での治療に限界があるため病院での治療を考えている…という人もいるのではないでしょうか。
クリアネイルショットは、爪水虫だけに向き合って浸透力に特化した薬を開発し、しっかりと硬い爪の中にまで水虫菌を殺菌する有効成分を届けることができるのです。
自宅でのケアを諦めていた人にも、ぜひ使ってみてほしいクリアネイルショットはおよそ1ヶ月分が定価3300円ですので、病院での治療を受けるよりお得です。
定期コースを申し込むと、さらにお安くなるようなのでチェックしてみてください。

また、効果を実感できなければ商品を使用した後でも全額返金保障する制度もありますので、安心してお試しいただけるのではないでしょうか。
全額返金保障は、商品に自信があるからこそできるシステムですよね。
爪の水虫にお悩みの方は、ぜひ1度クリアネイルショットを使ってみてください。

まとめ

帝京大学医学部付属病院のような専門医のいる皮膚科なら爪の水虫治療もより確実なものになるでしょう。出来る限りこちらを受診していただきたいところですが、どうしても地理的な問題で受診が難しいという場合には今回紹介したクリアネイルショットを使ってケアすることをおすすめします。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑