爪の水虫治療におすすめの病院紹介|長崎大学病院

公開日: 


爪が変色したり、ボロボロになってしまった!残念ながら、爪の水虫になってしまったかもしれません。爪の水虫を治療できる市販薬はドラッグストアでは販売されていませんので、病院で受診をしましょう。そんなあなたにおすすめしたい長崎大学病院について詳しく解説していきます。また後半では通院が難しい場合におすすめしたい対応策についても紹介していますので、お見逃しなく。

スポンサードリンク
  

爪の水虫を治すなら長崎大学病院がおすすめです

爪の水虫を治療するなら、長崎大学病院がオススメです。
長崎大学病院には、水虫を引き起こす真菌症のエキスパートである竹中 基 (たけなかもとい) 医師がいらっしゃるからです。

竹中 基医師は、過去のデータをもとに治療の進歩に貢献されていらっしゃいます。わずかでも真菌症の疑いがある場合、積極的に検査を行い、丁寧で確実な対応をなさるために患者からの信頼が厚いです。また、患者が話をしやすいように心がけてくださるため、水虫の相談はしづらいと悩まれる方にも心強いです。

費用のめやすですが、初診料は810円(3割負担)です。紹介状がない場合は3,000円(税抜)必要となります。その他、真菌検査(3割負担で570円)や、内服治療を行う場合は血液検査の費用も必要です。また、治療は基本的に保険適用内ですが、院外処方のため薬剤費等は別途必要です。基本的に、保険診療の場合は、1回あたり5,000円ほどと考えてよいでしょう。ただし、爪の水虫を治すためには新しく生えてきた爪が健康であることで治療が終了しますので、時間がかかってしまいます。半年から1年はかかると思いましょう。月に1回は通院する必要がありますので、治療費は30,000円〜60,000円ほど必要でしょう。

クリアネイルショット

爪の水虫治療のために病院まで通うのが難しい場合の対応策

長崎大学病院はとてもオススメではありますが、遠方に住んでいる場合は通院が難しい方もいらっしゃるでしょう。では、治療をあきらめる?
いえいえ、そんな必要はありません。爪の水虫はしっかり治してしまわないと!

通院が難しい方は「クリアネイルショット」という爪の水虫専用ケア用品をオススメします。
一般的な水虫の市販薬では、爪の奥に効果が浸透するものがドラッグストアなどの店頭では販売されていません。「クリアネイルショット」は市販薬としては珍しく、爪の深部にまで効能が浸透し、内部を殺菌することで水虫を治療することができるのです。
「クリアネイルショット」は店舗販売をしていませんが、公式ホームページでいつでも購入することができます。
また、割引がお得な定期コースから、自由に解約できるお試しコースなどが設定されていますので、自分の都合に合わせて購入することができます。
長期の治療が必要な爪の水虫、価格を抑えて効果的に治療をしたいなら、「クリアネイルショット」をぜひお試しください!

まとめ

爪の水虫を確実に治療するためには病院でお世話になることをおすすめします。今回紹介した長崎大学病院ならその希望が叶えられます。残念ながら遠方のため通院が厳しいようであるならば、爪ケア専用商品であるクリアネイルショットをお試ししてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑