グリーンネイルに対する初期対応と仕切りで治療する方法を紹介します

公開日: 


グリーンネイルという症状をご存知ですか?もしかしたら、言葉だけは聞いたことがある方もおられるかもしれません。グリーンネイルとは、爪に緑膿菌が繁殖してしまい、名前の通り爪が緑色に変色してしまう爪の病気です。症状が悪化してしまうと、爪が変色するだけではなく、爪が変形したりどんどん分厚くなり、ひどい場合には爪が剥がれ落ちてしまうこともある症状です。

スポンサードリンク
  

グリーンネイルになったら初期対応としてやるべきこと

グリーンネイルの初期の症状はどのようなものでしょうか?自覚症状はほとんど無いため、気付くのがおそくなってしまいがちなグリーンネイル。初期の場合うっすらと爪が緑色になるだけですので、ネイルをしているとわからないことがほとんどです。

グリーンネイルになってしまったらどうすれば良いのでしょうか?まずはすぐにジェルネイル、スカルプネイルはオフしてください。無理矢理剥がすのはNGです。オフ専用の薬液を使って優しく落とすか、サロンで丁寧に落としてもらってください。

それから爪を綺麗に洗浄し、しっかり水分を拭き取り乾燥させます。そして消毒して、症状が治まるまで最低でも2週間はジェルネイルもスカルプネイルもお休みしてください。初期だから大丈夫ということはありません。治るまでの辛抱です。爪のオシャレを楽しむための爪の休息タイムだと思って治療の間は爪を休ませてあげてください。

クリアネイルショット

グリーンネイルの症状が軽い場合は爪ヤスリで患部を削り、消毒をすることで治まる場合もあります。しばらくその対処法を試してみても症状が治まらないようであれば皮膚科を受診して治療をしてもらってください。

グリーンネイルの初期なら十分に自力治療が可能です

お仕事の忙しい方や色んな事情で病院へ通うことが難しい場合もありますね。そんな方々はできれば自宅で簡単にケアしてグリーンネイルを予防したり治療したりしたいと思います。

そんな方々にオススメ!爪の内部までしっかりと緑膿菌を殺菌する成分が浸透するクリアネイルショットがあります。

クリアネイルショットとは、どのようなものなのでしょうか?クリアネイルショットは、ジェルタイプの塗り薬ですが市販薬の弱点である爪の内部にまで薬液が浸透しにくい、という点を特に考えて作られた爪の病気専用の商品です。

爪は皮膚とは繋がってはいますが、皮膚よりも硬く外からのものを入って来られないようにする働きをもっています。そのため、市販薬では中々症状が治まらないという状況になっています。ですがクリアネイルショットは、爪にある新油性つまり油に馴染みやすいという特性を考慮し、爪の内部までしっかりと浸透させる成分を作り上げました。しかも副作用もなく、安心してお使い頂けます。

使い方も簡単で、1日1回入浴後や患部の洗浄後に塗るだけなんです。

>>>クリアネイルショットをもっと知りたいかたはコチラ<<<

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑