グリーンネイルの原因を紹介|悪化させないコツとジェルネイルの注意点

公開日: 


グリーンネイルになってしまった方で、治療法はわかっていても、原因がよくわからないから再発が不安・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
近年では、グリーンネイルの原因は主にジェルネイルであることが挙げられていますが、実は、ジェルネイルが普及する前からグリーンネイルは存在していたことを知っていますか?

今回は、そんなグリーンネイルの原因についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

グリーンネイルの原因って何?どうしてかかるの?

グリーンネイルの根本的な原因は、常在菌である緑膿菌が異常繁殖することになります。
こちら、常在菌というくらいなので、日頃から私たちの身体に住みついている菌であり、普段は何の害もありません。
しかし、緑膿菌とは、水分が多く蒸れた場所や湿った場所が大好きです。
そのため、ジェルネイルが浮いて来て自爪とジェルネイルの間に隙間が出来たとき、そこに水分が入り込み、蒸れることによってグリーンネイルとなります。

ただ、これだけではまだ軽度な方であり、ジェルネイルを早急に落として爪のケアをすれば大丈夫なのです。

ところが、発見が遅れてしまったり、爪の中に菌が侵食してしまうと、グリーンネイルが悪化したということになり、薬に頼らなければいけなくなります。

グリーンネイルを放置して悪化すると併発する病気とは?

実は、グリーンネイルだけであれば、そこまで大変な病気ではありません。
この、グリーンネイルに白癬菌という菌が混ざると、厄介なことになります。
白癬菌とは、水虫の原因菌になります。
これを併発すると、爪が剥がれたり、他の爪に感染したりしてしまうのです。

スポンサードリンク

つまり、グリーンネイルを恐れるのであれば、緑膿菌よりも白癬菌ということになるわけです。

私がなったのはグリーンネイル?

もしも、現在この記事を読んで、グリーンネイルなのかどうか?という点が気になる方は、今一度、自分の爪の状態を思い出してみてください。
ジェルネイルはしていませんでしたか?
手を洗ったりした際は拭かずに自然乾燥はさせていませんでしたか?
こういった、ちょっとしたことも原因となってしまうので、ジェルネイルをやめてみる、手を洗った後はしっかりと手をタオルでふき取るなどを実行してみてください。

これだけでも、グリーンネイルの原因は取り除けます。

ジェルネイルだけじゃないグリーンネイルの原因となる生活習慣紹介

手汗をかきやすい体質の方は、グリーンネイルになる恐れがあります。
特に、こういった方でジェルネイルを行う方は危険信号です。

また、指先をよく洗う仕事をする方もグリーンネイルの危険はあります。
美容師さんや事務員さん、主婦もそうです。
つまり、誰にでもグリーンネイルの危険はあるということですね。

逆に日頃からオイルで日頃から爪のお手入れをすることによる利点を紹介します。
日頃から、オイルで爪のお手入れをすると、各段にグリーンネイルの危険度が下がります。
爪にも保湿が大切ということですね。
現在は、爪用のオイルも市販で販売されていますので、そちらを使用してみるのも一つの方法かと思います。

まとめ

グリーンネイルの原因となるのは爪の環境が悪くなることによって緑膿菌が異常増殖することです。適切なケアをしないと爪水虫を併発することがありますので、くれぐれも気づいたら早めのケアを心がけましょう。普段から爪を清潔に保ったり、オイルでケアすることでグリーンネイルの発生を予防することができますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑