グリーンネイルの治療法を詳しく解説|あなたは皮膚科派?自宅派?

公開日: 


グリーンネイルはカビであると、もっぱらの噂ですが、所詮菌ですので、除菌さえしてしまえばいいわけです。
とはいえ、いざグリーンネイルになると慌ててしまいますよね。
今回は、グリーンネイルの様々な治療法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

グリーンネイルの治療法は大きく分けると2つです

グリーンネイルの治療法にはどのがあるのでしょうか?グリーンネイルになってしまい、まだ知識があまりない、情報をなかなか収集できないといった方は、こちらをご覧ください。

グリーンネイルの治療法はザックリ分けて2種類あります。

・皮膚科での治療法
・自宅での治療法

ただし、皮膚科の方が確実であることはお伝えしておきます。
ただ、皮膚科医もまだまだグリーンネイルについて知らない方も多いので、よくよく相談しながら治療することが大切です。

グリーンネイルの治療を皮膚科で行う場合の処方薬や料金について

皮膚科で治療を行う場合、塗り薬と飲み薬の2種類を処方される、あるいは片方が処方されます。
どちらも処方される場合と、片方だけという違いは、グリーンネイルの浸食状態にあります。
重度であれば、最悪2種類とも処方されますが、軽度であれば、塗り薬だけでまずは様子を見ることになるでしょう。

薬はどんなものが処方されるのか?

塗り薬は、イソジンやゲンタマイシン、チカルシリン、セフタジディムといった類の抗真菌薬が処方されます。
これらはすべて、抗真菌薬と呼ばれるくらいですので、菌を滅菌してくれる塗り薬になります。
サボらずに毎日コツコツと塗り続けることがポイントです。

スポンサードリンク

また、重度によっては1年以上治療に時間がかかることもあるようなので、あらかじめ覚えておきましょう。

飲み薬はどんなものが処方されるのか?

飲み薬は、ラミシールやイトリゾールといったものが処方されます。
また、これらの飲み薬は通販で購入することもできるようですが、副作用が強い為、皮膚科で処方してもらった方がいいです。

副作用は、主に肝機能障害や血液障害などになります。
そのため、定期的な血液検査があると思っておいた方がいいでしょう。

費用はどれくらい?

初診料が1500〜2000円ほどになるかと思います。
ここに薬代がプラスされて3500円〜4000円ほどの費用になるのではないでしょうか?

グリーンネイルの治療は自宅でも可能です

自宅で治療をする場合は、エタノールやクリアネイルショットといったものを用いることが多いようです。
エタノールは薬局やドラッグストアで購入することが出来ますが、クリアネイルショットなどといったものは通販サイト限定の商品となっているので、購入はやや面倒です。

ただし、自宅で治療する場合は、軽度の場合のみです。
重度の場合は、やはり一度は皮膚科で診てもらった方がいいでしょう。

自宅での費用はどれくらい?

エタノールであれば、1ヶ月で1本使い切ることはないかと思いますので、かなり低コストで抑えることが出来ます。
400ml450円となっています。
クリアネイルショットの場合は3000円ほどで1ヶ月ですので、少々高いかもしれません。

まとめ

グリーンネイルの治療法としては皮膚科を受診するものと自宅でセルフケアするものがあります。皮膚科では医師の診断を受けて塗り薬または飲み薬を利用します(場合によっては両者を併用します)。一方、自宅でケアする場合には塗り薬での治療が中心となります。ご自身の状況に合わせて心理的なハードルが低いものを選び1日でも早く治療に取りかかってください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑