グリーンネイルのセルフでの治し方に外せない外用薬名は?市販薬もOK?

公開日: 


現在、グリーンネイルで悩まれている方で、治し方を知りたいけれど病院には行きたくない!という方、いらっしゃいませんか?
グリーンネイルは本来であれば、病院での治し方をお勧めしたいところですが、どうしても自宅で治したいという方は、以下の方法を試してみてはいかがでしょうか?

早速、ご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

グリーンネイルの自宅での治し方に使う外用薬名を紹介

自宅での治し方の方法はいくつか存在します。
ただし、どれも軽度の場合であるという点が挙げられますので、そこだけはご了承ください。

まずは、薬局などで購入することのできるエタノールです。
エタノールは、本当に初期のグリーンネイルに適しています。
爪表面を削り、その削った部分にエタノールを塗りこみ、乾燥させるという方法を毎日繰り返して、菌を滅菌していきます。
こうすることで、グリーンネイルが解消できる可能性があります。

また、通販サイトなどでその他の薬を注文して自宅でケアしたいという方は、クリアネイルショットなどがお勧めです。
クリアネイルショットは、浸透しにくい有効成分をオイルで包み込み、爪の奥深くまで浸透させてくれるため、グリーンネイルに大変効果が期待できるようです。

グリーンネイル対策におすすめの市販薬を紹介します

エタノールは、とても有名な薬品であるため、様々な塗り薬や飲み薬にも配合されていることが多いです。
エタノールのデメリットは、浸透しづらい点と、軽度の場合しか効果が期待できないという点です。

なぜエタノールなのか?という点ですが、エタノールには、殺菌作用があるため、グリーンネイルに潜んでいる菌を滅菌してくれるといった効果が挙げられます。

スポンサードリンク

一方、クリアネイルショットは多少値は張りますが、爪への浸透力が高いです。
その代わり、やはり軽度のグリーンネイルにしか効果は発揮してくれません。
配合されている有効成分は、竹酢液、テルピネン-4-オール、α-テルピネオール、シトラール、シトロネラールの5種類の成分となっています。
こちらもまた、滅菌作用に優れた商品であるため、グリーンネイルに潜んだ菌を滅菌してくれるといった効果が期待できます。

おすすめした市販薬の価格帯はどれくらいなのでしょうか。
消毒用のエタノールは、薬局やドラッグストアなどでは450円ほどから購入することが出来ます。
ただ、消毒用エタノールにも大きさが様々あり、ここで挙げている価格は400mlのエタノールとなっています。

また、クリアネイルショットは、7gで3403円となっていますが、使用する部位が爪に特化しているため、無くなるのはだいたい1ヶ月ほどだと思われます。

まとめ

自宅での治し方というと、塗り薬で根気よく治すしかないというわけですが、大きなデメリットは、重度の場合にケアが出来ないということです。
現在のグリーンネイルが重度であると判断した場合には、残念ですがちゃんと皮膚科へ行って診てもらった方がいいです。

完治にはかなりの時間がかかるようなので、あきらめずに治していきましょうね。

※グリーンネイルについてはこちらも参照ください

1.グリーンネイルは皮膚科で治療できるのか?薬の種類は?料金は?

2.グリーンネイルの治し方を市販品で提案|エタノールやカビキラーはどう?

3.グリーンネイルは何科で治療する?外用薬名や内服薬のおすすめはコレ

4.グリーンネイルのセルフでの治し方に外せない外用薬名は?市販薬もOK? ← 今読まれている記事はココです。

5.グリーンネイルは家族にもうつる?うつらないためにはどうする?

6.グリーンネイルでもマニキュアならOK?普段からマニキュアでもかかる?

7.グリーンネイルの治療法を詳しく解説|あなたは皮膚科派?自宅派?

8.グリーンネイル治療のための病院選びのコツ|処方薬や費用も紹介します

9.グリーンネイルの原因を紹介|悪化させないコツとジェルネイルの注意点

10.グリーンネイルの初期症状と治療方法を紹介|放置は絶対にダメ!!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑