グリーンネイルは何科で治療する?外用薬名や内服薬のおすすめはコレ

公開日: 


グリーンネイルの治し方は、様々な方法があるようです。
現在、グリーンネイルでお悩みの方は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

今回ご紹介するのは、グリーンネイルを病院で治したいとお思いの方へ様々な情報をお届けします。

スポンサードリンク
  

グリーンネイルは何科に行って治療するのか?

グリーンネイルといえば、ネイルサロンや美容整形で治してもらえそうなものですが、しっかり皮膚科に行くことをお勧めします。
皮膚科ではイソジンや抗真菌薬を処方されることが多いです。

グリーンネイルの状態によって、処方される薬や治し方は変わってきますので、皮膚科で、しっかり自分の症状を正確に伝えるようにしなければいけません。

グリーンネイルの治し方として外用薬名は何を使う?

グリーンネイルの治療によく使われるのがイソジンです。ではうがい薬としても良く聞くイソジンとこの場合のイソジンは同じものなのでしょうか?グリーンネイルの際に処方されるイソジンは、うがい薬とは全くの別物です。
消毒液の方のイソジンは、有効成分にポビドンヨードという成分が配合されています。
感染症予防や傷の治療に古くから使用されていたようで、現在も軽度のグリーンネイルにはよく使用されるものとなっています。

塗り薬ですので、強い副作用などはありませんが、稀にかぶれることがあるようです。
かぶれがひどくなければ、使用を続けても問題はないようですが、かぶれやかゆみがひどい場合は、使用をやめて、皮膚科に再度訪れてみましょう。

スポンサードリンク

イソジン以外にも塗り薬にはどんなものがあるのでしょうか。
ゲンタマイシン、チカルシリン、セフタジディムといったものを処方されることもあります。
これらの特徴としては、全て抗菌剤であるという点です。
グリーンネイルはあくまで菌が繁殖して起こる病気であるため、滅菌さえすれば改善はできるということから、このような塗り薬が処方されることがあります。

しかし、これらのデメリットは浸透力がいまいちであるという点です。
そういった部分が心配な方には飲み薬も処方されるようですが、飲み薬の問題もあるようです。

グリーンネイルに使う内服薬は何がいい?

グリーンネイルの治し方として、一番いいのは、外側からも内側からもアプローチをかけるということですが、飲み薬は副作用が強く、あまりお勧めはされていないようです。
重度のグリーンネイルである場合に、飲み薬と塗り薬の両方が処方されるようですが、飲み薬には、肝機能障害や血液障害の副作用があります。

ラミシールといった飲み薬や、イトリゾールといった飲み薬が主に処方される飲み薬となります。
これらの薬を飲む場合、絶対に行われるのが、定期的な血液検査です。
この血液検査で問題が見つからない限りは、飲み続けることが可能ですが、万が一問題が見つかってしまった場合は、飲み薬は中止せざるを得ません。

まとめ

グリーンネイルを発症してしまった場合、薬は塗り薬と飲み薬の両方、あるいは塗り薬だけの処方となりますが、飲み薬にはそれなりの副作用があるという点が大きいです。
また、グリーンネイルの状態が重度であれば、治るまでには1年以上の時間をかける覚悟も必要であることを忘れないでください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑