グリーンネイルの治し方を市販品で提案|エタノールやカビキラーはどう?

公開日:  最終更新日:2017/06/12

グリーンネイルになったけれど、自宅で治したい、皮膚科などには頼らない、そういった方も多いかと思います。
安価に治したいと思うのは、人間の性ですからね。
では、グリーンネイルを市販のものだけでも治るものなのか?こうした疑問にこちらのではお答えしていきます。病院にはなるべく行きたくない!という方は特に必見です。

スポンサードリンク
  

グリーンネイルの治し方を市販品を使って提案します

◆飲み薬はお勧めできない◆
グリーンネイルは、主に飲み薬と塗り薬が市販薬では存在します。
飲み薬の場合は、通販などで購入することが出来るようですが、お勧めされません。
理由としては、副作用が強いためだそうです。
副作用がどういったものなのかを把握したうえで、大丈夫!と思うのであれば飲んでもいいでしょうが、個人的にはお勧めできません。

◆塗り薬タイプの治し方もある◆
先ほども申し上げましたように、塗り薬タイプも存在します。
ところが、ドラッグストアや薬局で購入できる塗り薬は、効果がイマイチなんだそうです。
多少の効果はあるものの、治るまでにかなりの時間を要するのだとか。
通販でよく見かけるのは、クリアネイルショットという塗り薬ですが、こちらでの治し方は本当に塗るだけで、効果もしっかりと実感することができるようなので、簡単に出来そうですね。

グリーンネイルはエタノールで治せるのか?

グリーンネイルの市販薬での治し方を調べていたところ、ちょこちょこ見かけるのが「エタノール」です。
エタノールって、本当にグリーンネイルに効果はあるのでしょうか?
半信半疑だったので、ちょっと調べてみることにしました。


クリアネイルショット

エタノールは確かに効果が期待できるようですが、いくつかの注意点があるようです。
まずは、グリーンネイルの度合いです。
グリーンネイルが軽度の場合は、エタノールでも治すことができるようでした。

まずは、爪表面の変色した部分を削ります。
その上からエタノールを塗りこみ、乾燥させるという流れになるのですが、軽度であれば、これで治るようです。

グリーンネイル対策にカビキラーってどうなの?

グリーンネイルの治し方を調べていると、驚愕の噂がありました。
カビキラーで治るのではないか?というものです。
これは大変危険ですので、やめましょう。

確かに、カビキラーは殺菌作用があります。
しかし、それと同時に人体に影響を与える成分が配合されているため、市販での薬としては、絶対に認められません。

人体に影響を与えるとは具体的にどういうことなのか?というところですが、これは、細胞膜も破壊してしまうということです。
細胞膜が壊れてしまうと、炎症を起こしてしまいます。

そのため、重度のグリーンネイルになってしまったという場合は、必ず、皮膚科に行って相談をするといった方法の方が賢明かと思います。

まとめ

飲み薬での治し方は、副作用が伴うためあまりお勧めのできない方法ですが、市販や通販で販売されている塗り薬であれば、根気よく続けていけばグリーンネイルも治せるということが分かりました。

グリーンネイルで悩んでいる皆さんも、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

※グリーンネイルについてはこちらも参照ください

1.グリーンネイルは皮膚科で治療できるのか?薬の種類は?料金は?

2.グリーンネイルの治し方を市販品で提案|エタノールやカビキラーはどう? ← 今読まれている記事はココです。

3.グリーンネイルは何科で治療する?外用薬名や内服薬のおすすめはコレ

4.グリーンネイルのセルフでの治し方に外せない外用薬名は?市販薬もOK?

5.グリーンネイルは家族にもうつる?うつらないためにはどうする?

6.グリーンネイルでもマニキュアならOK?普段からマニキュアでもかかる?

7.グリーンネイルの治療法を詳しく解説|あなたは皮膚科派?自宅派?

8.グリーンネイル治療のための病院選びのコツ|処方薬や費用も紹介します

9.グリーンネイルの原因を紹介|悪化させないコツとジェルネイルの注意点

10.グリーンネイルの初期症状と治療方法を紹介|放置は絶対にダメ!!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑