東京から神戸までの移動を格安にするコツ|新幹線や飛行機はどう?

公開日: 

東京から神戸までの移動について格安ですませるコツをこちらではお伝えします。家族などで移動する場合には車も選択肢に入るでしょうが、一人の移動では疲れる割に経済面での旨みもないので、今回は外してあります。

とにかく安く行ける方法を紹介した後、新幹線と飛行機を利用してなるべく安く移動する方法をお伝えしていきます。どこかに会員登録する必要もなく誰でもできるの方法ばかりですので、参考にして下さい。

スポンサードリンク
  

東京から神戸までの移動を格安で済ませる方法を紹介します

東京から神戸までの一人で移動する場合の現実的な選択肢は高速バス・新幹線・飛行機の3つになります。この中でとにかく少々時間を使っても良いから格安ですませたいんだ、というなら圧倒的に高速バスで移動するのが正解です。新幹線や飛行機の場合はどうしても片道1万円以上はかかりますが(この2つの移動手段については次章以降で詳しくお伝えします)、高速バスの場合には平日の4人シートであればその三分の一以下の3,000円程度からとなっています。

東京から神戸まで高速バスを利用した場合の所要時間は8時間から8時間半程度となっています。東京を22時に出ると神戸には翌朝の7時半前に到着する日程です。東京からの出発時間としては21時半から23時半までのものが多く、神戸まで直行するものもあれば、大阪などを経由するものもあります。実際にご自身が利用される時にチェックしてください。

どこのバス停から出発するかですが、東京の場合は東京駅または新宿駅近くのバス停から出発するものが多いです。到着地の神戸についてはほぼすべてのバスが神戸三宮駅近くのバス停に到着します。これならJRも阪急も阪神も利用できますので、到着後の移動もスムーズですね。

東京から神戸までの移動を格安にしてくれる高速バスの料金ですが、平日が安く週末・祝日前後が高い傾向にあります。また1列に4人が並ぶ4列シートの方が安く、ゆったりと座れる3列シートの方が3,000円程度高い傾向にあります。きになる価格ですが、平日で4列シートが2,500円〜、3列シートが5,500円〜となります。週末については4列シートが5,000円〜、3列シートが7,000円〜となっています。

出発時間や値段については様々なパターンがありますので、しっかりとあなたが利用したい日付のもので確認してみてください。

>>>高速バスに関する詳しい情報はこちらから<<<

東京から神戸まで新幹線を格安で利用する方法

東京から神戸の中心街である三ノ宮界隈まで新幹線で移動しようと思ったら、一般的には以下のルートを利用します。

  • 東京駅から新神戸駅まで:新幹線(のぞみ)で移動
  • 新神戸駅から三宮駅まで:市営地下鉄で移動

この場合の移動時間は乗り換え時間を考慮せずに2時間56分(新幹線:2時間54分、地下鉄:2分)となり、料金は14,370円(新幹線(自由席):14,160円、地下鉄:210円)となります。

このルートで東京から神戸まで新幹線を格安で利用しようと思っても実はあまり、これだ!とおすすめできるものがないのが実情です。そこで、安く済ませるためにおすすめしたいルートは以下のものになります。

スポンサードリンク
  • 東京駅から新大阪駅まで:新幹線(こだま)で移動
  • 新大阪駅から三ノ宮駅まで:JRの在来線で移動

この場合には東京駅から新大阪駅までは格安でこだまが利用できる「ぷらっとこだま」を使います。ぷらっとこだまは東京駅から新大阪駅間で通常料金よりも圧倒的に安い運賃でこだまが利用できるとってもおトクな商品となっています。詳しい情報はこちらの公式サイトを確認してください。

新大阪駅までこだまを使った時の移動時間は同じ様に乗り換え時間を考慮しなければ4時間19分(新幹線:3時間54分、JR在来線:25分)となります。新神戸まで新幹線を利用した場合に比べると1時間23分余計にかかることになります。

しかし、料金を比較すると先ほどのルートよりも3,000円以上も安い11,050円(新幹線:10,500円(ぷらっとこだま利用時)、JR在来線:550円)となります。1時間ちょっと余計に時間がかかりますが、のんびりと移動してしっかりお得にすませたい、というあなたにはピッタリの方法でしょう。

東京から神戸まで新幹線でお得に移動するための手段としてお得に新幹線が使えるぷらっとこだまを利用して新大阪で乗り換えるルートを紹介しました。新神戸まで新幹線を使うよりも3,000円以上も安くなりますので、少しだけ時間に余裕のあるあなたにはとってもおすすめです。

東京から神戸まで飛行機での格安移動について

東京(羽田空港)から神戸空港までの飛行機が飛んでいる航空会社は全日空(ANA)とスカイマークの2社のみとなります。意外なことに日本航空(JAL)飛行機はありません。また、ピーチ、バニラ、ジェットスターなどのLCCの飛行機も東京と神戸の間の航路では飛んでいません。

全日空(ANA)とスカイマークのうち格安での移動を可能にしてくれるのはどちらなのでしょうか。調べた範囲で最も安い価格は全日空が7,990円、スカイマークが6,990円となっています。これだけみると1,000円の差だったら、マイルも貯まるし全日空で、と思うかもしれませんが、一点注意が必要です。それは、全日空の羽田空港発の便は6:30と20:15の2便しかないということ。ちょっとこれでは使い勝手が悪いですよね。また、20:15発の便については調べた範囲での最安値は10,990円でしたので、羽田空港につける地域に住んでいないと7,990円で神戸空港まで行くのはむずかしいでしょう。

一方、スカイマークは1日7便が羽田空港から神戸空港へと飛んでいます。7時台の始発便から20時台の最終便まで2、3時間おきに便がありますので、あなたの予定も自由に組めることでしょう。最安値でとれなくても普通運賃であっても12,890円ですので、格安価格での飛行移動が可能となります。

>>>スカイマークの公式サイトはこちら<<<

なお、神戸空港から三ノ宮まではポートライナーを使って18分(330円)で乗り換えなしで行くことが可能です。

東京から神戸まで飛行機で移動する際には全日空(ANA)またはスカイマークを利用することになります。飛行時間は1時間5分となっていますので、自宅から空港までが近い人は新幹線を使うよりもトータルでも移動時間が短くなるでしょう。どちらの航空会社を使うかですが、どうしてもANAで!というこだわりがないのであれば、毎日の本数も多く価格も安いスカイマークがおすすめです。

まとめ

東京から神戸の中心地の三ノ宮界隈まで格安で移動する方法を紹介しました。体力に自信はあるし、とにかく安く行きたい!というあなたなら深夜バスが良いでしょう。ちょっと体力的に厳しいからもう少しお金を出しても構わない、というあなたなら新幹線または飛行機をスケジュールに合わせて選ばれると良いでしょう。

*情報は記事執筆時のものであり、変更になっている可能性があります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑