ハロウィンの料理のグロさで子供たちを驚かそう!アメリカっぽいよ!!

公開日: 

ハロウィンパーティーを自宅で行うもしくは友人宅で行うという方も多いことでしょう。

ゲームなどで盛り上がるのも面白いですが、どうせだったら料理でも子供たちをびっくりさせるのも面白いと思いませんか?

そんな遊び心あふれるあなたに見た目はちょっとグロいハロウィン料理を紹介します。

これなら本場アメリカの空気も感じてもらえること、間違いなし!

スポンサードリンク
 

ハロウィンの料理にグロさを求めるならこれ

ハロウィンの料理でグロいのって言われてもどんなの?って思う人もいるかと思います。

今回紹介するのは「ゾンビの手の形をしたミートローフ」です。

どんな感じ?って思った方はこちらのサイトでご確認下さい!

いかがでしたか?他の皮膚がただれた感じや爪まで再現されていてビックリですよね!

これなら子供たちもビックリ!もしくは大喜びでしょう♪

早速作り方を紹介しましょう。

基本的にはミートローフを手の形にスルわけですから、ミートローフのパティのレシピなどはこちらのサイトなどを参考にして下さい。

次にミートローフのパティを手の形に整形します。

手の型なんかがあると良いと思ったのですが、なかなかそんなの無いですよね。

粘土の要領で手の形にすればよいかと思います。

手の形にしたらトッピングになります。

まず爪には玉ねぎを利用します。

玉ねぎの外側のカーブを利用してそぎ取るようにカットし、爪の形に整形します。

次にタダレた皮膚ですが、こちらはとろけるチーズを使います。

この際にはチーズをケチらずにタップリ乗せることでよりタダレ感が出ますよ。

玉ねぎやチーズをトッピングしたら、後はオーブンで焼けば完成です!

スポンサードリンク

玉ねぎやチーズをどれ位をどんな感じで使うかは次の章でお伝えしている動画も参考にして下さい(6:10から再生して下さい)。

いつもの料理に少し工夫をするだけでハロウィン向けのグロい料理の完成ですよ!

どうしても手の形が上手く出来ない、という場合には次の章でお伝えする方法も試してみてください。

ハロウィンの料理もこれでアメリカっぽい

ハロウィン料理を本場アメリカっぽくしたい、というならやっぱりボリュームタップリの料理が良いと思います。

そんなあなたに先ほどお伝えしたゾンビハンドミートローフをビッグサイズで作る方法をお伝えします。

今回のミートローフは茹でた後にオーブンで焼く形になりますので、こちらのレシピなんかが役に立つかと思います。

作り方ですが、ミートローフのパティをキレイなゴム手袋に詰めます。

これを手袋ごと茹でます。

火が通ったら、手袋をハサミ等でカットして取り除けばキレイな手の形をしたミートローフの完成です。

そこに先ほどの章でお伝えした爪・タダレた皮膚のトッピングをすれば完成です!

百聞は一見にしかず、こちらの動画の6分10秒以降をご覧ください。

いかがでしたか?見事にグロい手が出来上がっていますよね?

これで子供たちを驚かせてやりましょう!

さいごに

ハロウィンパーティーで一盛り上がりをしてもらう助けになれば、と今回の料理を紹介しました。

やり方さえ知っていれば、難しいものではありませんので、是非トライしてみてください!!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑