赤ちゃんの紫外線対策におすすめはこれ!ベビーカーも車も心配無用!

公開日: 

44163d79edfdb6f148446cee5889b38e_m

紫外線の強くなる季節を迎え、まだまだ肌が弱くてデリケートな赤ちゃんの紫外線対策はどうしたら良いか、悩むところでしょう。

特に赤ちゃんを育てる上で欠かせないベビーカーや車に乗せた際の紫外線対策についても紹介していきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんの紫外線対策におすすめの方法はコチラ

赤ちゃんの紫外線対策を考えた際におすすめの方法を伝える前にお母さんにまず考えて欲しいのはいかに赤ちゃんを紫外線に当てないか、ということです。

極論を言えば、カーテンを閉め切った部屋で一日中過ごせば、ほぼ紫外線に当てることはないですが、それではあまりに不健康です。

そこでまず守ってほしいのは、紫外線が特に強い時間帯(10:00~14:00)はよっぽど必要がない限り、外出を控えるということです。

紫外線になるべく当てないようにしないといけない、と言っているのにわざわざ紫外線が強い時間帯に出掛けるなんて、ちょっと考えただけでも赤ちゃんにとって良いわけ無いですよね。

上記の時間帯以外に出掛ける際には出来る限り、赤ちゃんに紫外線が当たらないように長袖・長ズボン・靴下・帽子などを暑くなり過ぎない程度に着せてあげて下さい。

同じ洋服についてもなるべく襟のついたものを選ぶと首もともしっかりとカバーできて紫外線から赤ちゃんの肌を守ってあげることができます。

洋服でカバーしきれない箇所については日焼け止めを使うことになります。

もちろんデリケートな肌を守るために赤ちゃん用と明記されているものを使用しましょう。

またSPFも10~20程度のそれほど効果が強くないものがおすすめです。

市販のものでは心配であれば、小児科などに相談して処方してもらうのもよいでしょう。

赤ちゃんに日焼け止めを使う際には必ず、パッチテスト(体の一部に塗ってみてアレルギーが出ないことを確認するテスト)を行うことを忘れないで下さい。

ちょっとして親御さんの心遣いで赤ちゃんを紫外線から守ることが出来ますので、しっかりとケアしていきましょう!

赤ちゃんの紫外線対策はベビーカーでも忘れずに

赤ちゃんの紫外線対策はお散歩で乗るベビーカーでも忘れずにしっかりと行いましょう。

ベビーカーには日よけがついていますが、それだけでは十分とは言えないので、ベビーカーにちょっとしてグッズをプラスして赤ちゃんを紫外線から守ってあげましょう。

まず最初に挙げるのはベビーカーに取り付けるサンシェードです。

スポンサードリンク

その名前の通り太陽光を遮るグッズですので、しっかりと赤ちゃんに当たる紫外線を遮ることが出来ます。

ベビーカーによっては専用のサンシェードがありますので、取り付けも簡単でデザイン的にも優れていますね。

続いてオススメしたいのはケープです。

赤ちゃんを足からスポっと包み込むことができますので、直接日光が当たることを防ぐことが出来ます。

またケープでしたら抱っこ紐との同時使用が出来ますので、抱っこで移動する時にも大活躍してくれますよ!

ケープまで行かなくても足を中心に守るなら、タオルケットでも十分に日光を遮る効果は期待できますね。

突然、太陽が照りだしたなどの理由で手元にこうしたグッズがない場合には、ママの日傘で守ってあげるというのも有効ですね。

それほど特別なグッズがなくてもベビーカーに乗った赤ちゃんを紫外線から守ることはできますので、しっかりと対策してあげましょうね♪

車での紫外線対策も赤ちゃんには必須です

車に乗った時にも紫外線対策を赤ちゃんにしてあげることはとても重要となってきます。

特にチャイルドシートに座っていると、思うように動くことが当然出来ませんので、太陽の照り具合に合わせて座る位置を変えるといった対策はできません。

そのためにも社内に紫外線を入れないように紫外線カット対策を行うのが車に赤ちゃんを乗せる時の重要な対策法となってきます。

簡単に出来るところですと、吸盤で窓ガラスに内側から取り付ける紫外線カットカーテンが便利です。

もちろん夜間などにはカーテンを開けて外の景色を見せてあげることが出来ます。

簡単に出来て、その上かなりの紫外線をカットしてくれるグッズとしておすすめです。

西松屋やベビーザらスのようなベビーグッズを販売しているお店やカーグッズショップなどで手軽に購入することができます。

家庭の事情によってはあかちゃんを助手席に乗せざるを得ないこともあるかと思います。

このような場合には先程のカーテンをするわけにもいきませんので、
どうしたらよいでしょうか?

そのような場合には紫外線をカットしてくれる透明のフィルムを取り付けることが有効な手段となります。

これならば運転に支障を与えることなく、赤ちゃんを紫外線から守ってあげることが可能となります。

自分で取り付けるというのは難しいかと思いますので、興味のある方は値段も含めてカーグッズショップに聞いてみてください。

車に乗った時に赤ちゃんを守るには紫外線を入れない対策を行うことが重要ですよ!

まとめ

赤ちゃんの紫外線対策は兎にも角にも紫外線に当てない工夫をすることが最重要となってきます。

それは抱っこの際でもベビーカーに乗った際でも車に乗った際でも同じです。

その上でお子さんの肌にある日焼け止めを塗ってあげればバッチリですよ♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑