結婚式の席次表に肩書きなしはアリ?叔母の夫やいとこはどう書くの?

公開日: 

2c288f6c737829445e3a0db1463c5771_s

結婚式の準備の中でも新郎新婦が気を使うものの1つが席次表の作成ですよね。

どのように招待客の席次を決めるのが失礼にあたらないか、など注意点はいくつもありますが、招待客の肩書きにも頭を悩ませがちです。

そもそも肩書きなしというのは失礼にあたるのでしょうか?

この点について解説すると共にいざその場になるとどう書いて良いのか迷う例として親戚関係(叔母の夫・いとこ(年上、年下両方))の肩書きについてお伝えします。

結婚式の席次表のことで迷った時には参考にして下さい。

スポンサードリンク
 

結婚式の席次表に肩書きなしでも大丈夫?

結婚式の席次表を肩書きなしですませるのは失礼にあたらないのでしょうか?

結論から言うとよっぽどの理由がない限り席次表には肩書きを書くのが礼儀です。

というのも、席次表には招待客に席を知らせるという他に招待客同士を紹介する、という目的もあるからです。

例えば、職場の同僚と学生時代の友人が隣同士になった時には、相手の新郎新婦との関係性が分かっていれば、「職場ではどんな感じですか?」、「学生時代の印象は?」といった形で会話のきっかけを作ることができます。

直接話さないにしても、「あそこのテーブルは会社の人達だね」「こっちは高校の友だちだね」といった形で、各テーブルで会話の種になります。

また、一般的に披露宴中に双方の両親が各テーブルを回って、挨拶をするケースが多いかと思います。

この際に、それぞれのテーブルの人達がどういう関係性なのかが分かっている方が両親としても助かりますよね。

このように席次表に肩書きがあることによって、多くの出席者を助けることに繋がります。

正確な肩書きを必ず書くなど、手間は増えますが、晴れの舞台に来てくれるみんなのために、肩書きは書きましょう。

スポンサードリンク

結婚式の席次表の肩書きで叔母の夫はどう書くの?

結婚式の席次表の肩書きで意外と分からないのが、親戚関係だったりしますよね。

その中でも、「おじ」には伯父・叔父と2通りの漢字があり、「おば」にも伯母・叔母と2通りの漢字があります。

どうやって使い分けたら良いのでしょうか?

また「おじ」「おば」の配偶者はどのように表記したら良いのでしょう?

バッチリ解説しますので、しっかりと学んで下さいね。

それぞれの漢字の使い分けは新郎又は新婦の親と該当する「おじ・おば」の年齢によります。

例えば、あなたのお父さん(又はお母さん)のお兄さんとその妻の場合は伯父・伯母になります。

同じくあなたのお父さん(又はお母さん)のお姉さんとその夫の場合も伯父・伯母になります。

義理のおばだから、と「義」という漢字は使いません。

あなたのお父さん(又はお母さん)の弟さんとその妻の場合は叔父・伯母になります。

同様にあなたのお父さん(又はお母さん)の妹さんとその夫の場合も叔父・伯母となります。

つまり、この章のタイトルである「叔母の夫」の場合は「叔父」と書くのが正しいです。

結婚式の席次表の肩書でいとこはどう書く?

結婚式の席次表で悩む親戚関係の肩書きを更に解説します。

今回は「いとこ」の場合です。

これもしっかりと法則がありますので、コレを見ればもう悩むことはないですよ。

これはあなたとそのいとこの年齢によって決まります。

あなたより年上のいとこの場合:男性 – 従兄、女性 – 従姉

あなたより年下のいとこの場合:男性 – 従弟、女性 – 従妹

知ってしまえば、とっても簡単ですよね。

席次表を作る際には参考にして下さい。

さいごに

結婚式の準備で何かと頭を悩ます席次表作りの中でも招待客の肩書きについて解説をしてきました。

一見難しそうなこともしっかりと法則を知ってしまえば、スッキリと決められることが分かっていただけたかと思います。

今回の内容を参考にして席次表作りをバシッと済ませて下さいね♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑