さつまいもの驚くべき美肌効果とは?ビタミンCは野菜調理で上手に摂取

公開日: 

042988

さつまいもは甘いので太るというイメージから食べ過ぎるのを敬遠されがちな野菜です。

しかし、実際には美肌効果に優れる野菜だってご存知でしたか?

さつまいもの美肌効果を紹介すると共にその美容成分であるビタミンCがなぜ美肌に良いのか?野菜のビタミンCを効率的に摂れる調理方法を紹介します。

さつまいもの美肌効果をバッチリ体感して下さい。

スポンサードリンク
 

さつまいもに含まれる美肌効果の成分って何?

さつまいもには各種ビタミン類を始めとして様々な栄養素が含まれます。

その中でも特に美肌効果の高い成分はビタミンC食物繊維です。

ビタミンCは美容・美肌成分の代表格であるコラーゲンの生成に欠かせない、という特徴があります。

その他にもシミの原因となるメラニンの生成を抑えるなどの働きがあります。

ビタミンCのより詳しい美肌効果については次の章でお伝えしますので、参考にして下さい。

食物繊維の主な特性として腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすというものがあります。

具体的には食物繊維が悪玉菌や毒素にくっついて、そのまま体外へ排出する働きがあるのです。

便秘の状態が続くと本来は体外に排出されるべきである悪玉菌や毒素が腸内から血管中に移行してしまいます。

その結果、ニキビや肌荒れといった肌トラブルの原因となってしまいます。

さつまいもを食べて食物繊維を積極的に摂取することによって、こうした肌トラブルとは無縁の美肌を手に入れられますよ。

ビタミンCの美肌効果がもたらされる理由は?

ビタミンCの美肌効果がどのように発揮されるのかを紹介しましょう。

まずは先ほども紹介したコラーゲンを生成に欠かせないということです。

みなさんもよくご存知のコラーゲンですが、コレによって肌に弾力がもたらされます。

スポンサードリンク

つまり、ビタミンCを摂取してコラーゲンがたくさん作られることにより、肌のハリが良くなったり、しわが解消されるということです。

次に紹介するのはメラニン生成を抑制する効果です。

メラニンはシミの原因となる成分ですが、ビタミンCにはこのメラニンの生成を抑制する効果があります。

また肌の中に出来たメラニンがそのまま排出されず留まっている状態がシミです。

ビタミンCには既に肌の中で作られてしまったメラニンを普通の色素に変える働きもあります。

つまりシミを薄くする効果もビタミンCにはある、ということです。

ビタミンCを効率的に吸収する野菜の調理法を紹介

美肌効果が絶大のビタミンCを効率的に体に取り込むための調理法を紹介します。

一般的な話としてビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いという特性があります。

なのでまず気を付けたいのは水洗いをしすぎない、ということです。

ジャバジャバ洗ってしまうと、水に溶け出して失われてしまいます。

火に弱いので生で食べるのが理想ですが、生のままだと量が食べられません。

そこで、サッと炒めたり焼いたりする食べ方がオススメです。

また、スープにするのも良いです。

スープにビタミンCが溶け出していますので、これも一緒に飲めばビタミンCを余すこと無く摂取することが可能です。

なお、さつまいもに含まれるビタミンCは熱に強い特性がありますので、あまり調理方法に神経質になる必要はありません。

焼き芋・天ぷら・汁物の具とお好きな方法で食べて下さい。

さいごに

さつまいもに含まれるビタミンC・食物繊維によって美肌効果が期待できることを紹介しました。

ビタミンCがどうして美肌効果があるのか?ビタミンCを効率的に摂取するための調理方法もお伝えしました。

今回紹介した内容を参考にさつまいもの美肌効果を存分に体感して下さい。

さつまいものその他の栄養素やその効果に興味があれば、こちらの記事も参考にして下さい。

参照:さつまいもの栄養とその効能は美容にも効く!おすすめ調理法も紹介

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑