歴史人物を取り上げた自由研究のまとめ方|織田信長を例に紹介

公開日: 

2a7771ecf3463237e4913d20ad9b9eed_m

歴史人物について自由研究をしよう、と考えている人も多いですよね。

そんなあなたのために歴史人物の自由研究はどのように行えば良いか、その方法を紹介します。

歴史上の人物の中でも人気のある織田信長を例に具体的な方法をお伝えします。

スポンサードリンク
 

歴史人物を自由研究で扱うならこの方法

歴史人物をテーマに自由研究をするのなら、本などの資料を調べることと実際にその人物に関係する現地を訪れる、といったフィールドワークの両方を行ってほしいと思います。

まず、本などの資料で調べる、についてです。

これはそのままなのですが、歴史人物ともなれば、図書館などに行けば、その人に関係する本は間違いなくあるでしょう。

生まれてから亡くなるまでの年表であったり、特に印象に残った出来事について詳しく書く、といったことが書くことの中心になります。

小学生であれば、年表を一覧で書くので十分でしょう。

中学生であれば、もう少し踏み込んで、印象に残った出来事について詳しく書くところまで行いたいところです。

続いて、フィールドワークについてです。

せっかく歴史人物について調べるのであれば、その人ゆかりの土地に実際に行ってほしいです。

本などで学ぶだけでなく、カラダでもその土地を感じる、といったことを行うことで、よりいっそう理解が進むと思います。

徳川家康について調べていて、実際に日光東照宮に行き、三猿(見ざる・聞かざる・言わざる)を見れば、本当に目・耳・口を塞いでいるんだ、と強く印象に残ると思います。

スポンサードリンク

このようにより深くその人物のことを学ぶためにもフィールドワークはおすすめです。

その際には資料に使うためにバンバン写真を撮影しましょう!

本などで調べた資料とフィールドワークでの気づいたこと・感想をまとめれば歴史人物の自由研究は完成です。

頭と体の両方を使って研究して下さいね。

織田信長の自由研究を具体例に紹介

前の章で述べた歴史人物の自由研究の方法を織田信長を例に具体的にお伝えしましょう。

まず、本などの資料から学ぶ部分についてです。

年表の部分は省略して、印象に残る出来事としては、戦に注目しても「桶狭間の戦い」~「本能寺の変」に至るまで一度は聞いたことがある合戦がいくつもあります。

どれか1つについて対峙した人物が誰で、どこでいつ行われ、どのような結果となり、その要因は何だったのか?といったことについてまとめれば良いでしょう。

戦以外でも「南蛮貿易」や「楽市楽座」などの政治的な部分でも特徴的な取り組みを行った人物なので、これらについて詳しくまとめるのも良いですね。

フィールドワークについてはゆかりの土地は多数ありますね。

拠点としたお城も「清州城」のような復元された天守閣のある場所から「安土城」のように天守閣こそ無いもののその城跡を当時の様子に思いを馳せながら訪れる場所までありますし、先ほど述べた合戦跡を訪れるのも良いですね。

本で学びゆかりの土地を訪れることでより織田信長に興味を持つようになる可能性も十分にありますね。

さいごに

歴史人物の自由研究のまとめ方について織田信長を例にとり解説してきました。

本で学びカラダで感じることでより一層その人物への理解が進むことが期待できます。

せっかくなので、楽しみながらしっかりと研究して下さい!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑