自由研究で歴史を中学生ならどうやる?まとめ方も紹介

公開日: 

4142c9ea5b3405c8042d785a0eaefdd2_m

自由研究に歴史を選んだは良いがどうやってテーマを選んで調べたら良いか、迷っている中学生のための記事です。

コレを読めば、自由研究の歴史もバッチリ!

スポンサードリンク
 

自由研究で歴史を選んだ中学生におすすめの情報

自由研究で歴史を扱うなら、本などで分かる情報だけでは十分ではありません。

実際に自分でそれに関わる場所に行って、どんなところなのか?(どんなものなのか?)といったことについても書きましょう。

あなたが小学生なら親御さんに頼んで家族旅行として、少々遠いところでも行けるでしょう。

ただ、中学生ともなると両親と一緒に出掛けたくないでしょうから、自分の力で全てを完結させたいですよね?

それだったら、テーマはあなたの住んでいる町の歴史上の人物・名産品・有名な事件・有名な場所などにしましょう。

そうすれば、親御さんの力を借りなくても自分で自転車・電車・バスを使って、その場所にも行けますよね。

まず、テーマの決め方ですが、すぐに思いつくものがあれば、それで良いですし、無いなら図書館に行くことをおすすめします。

図書館には必ずその町の歴史にかんする資料がありますので、それを見ながら興味があるものを選べば良いでしょう。

テーマが決まったら、図書館にある資料で情報を集めます。

歴史上の人物なら、どこで何年に生まれて、どういうことで有名で(町のためになったのか)、何年に亡くなった、といった情報を集めます。

名産品がテーマなら、何年に誰が最初に作ったか?どうしてその物があなたの町で広がったのか?その名産品はどういった特徴があるのか?といったことを調べます。

スポンサードリンク

これで情報が集まれば、大体半分は終わりましたね。

次はいよいよ実際にその現場に行きます。

歴史上の人物なら、その人の生まれた場所や何かを成し遂げた場所、事件の現場となった場所、などゆかりの土地を訪ねましょう。

名産品なら、その資料館に行ってもよし、実際に作っている場所・売っている場所に行くのも良いでから、是非実物を目にして下さい。

実際に行ったら、その場所の写真を撮るのを忘れないで下さいね。

重要な取材資料ですから。

後はこれらの調べたことをまとめるのみです。

自由研究の歴史のまとめ方はコレ

現場への取材が終われば、後は図書館で調べたことと現地で学んだことをまとめることに移ります。

図書館で調べたことはそのまま文章にするだけなので、問題ないでしょう。

ただし以下の点は必ず入れて下さい。

・どういったテーマ(人物・名産品・事件)を選んだのか?
・なぜそのテーマを選んだのか?
・参考にした本(資料)の名称

現場での取材については、どこに行ったのか?地図上ではどこにあり、そこまでのアクセスは?現場で分かったこと・感じたことは何か?こういったことをまとめれば大丈夫です。

最後に感想として実際に調べる前にはどう思っていたのか?考えていたのか?調べてみて新たにわかったこと・気づいたこと、を書いて完成です。

さいごに

自由研究の歴史で悩む中学生のためにどうやってテーマを決め、調べ、まとめるかをお伝えしました。

多分ここまでやる人はあまりいないでしょうから、逆にあなたの自由研究は高い評価を受けるでしょう。

せっかくなので、実地調査などを楽しんで行って下さい。

自由研究と並んであなたを悩ますであろう、読書感想文の書き方についてはこちらの記事を参考にして下さい。

参考:読書感想文の書き方を中学生にお伝え|おすすめ本もあるよ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑