冷奴の変わった食べ方や簡単アレンジを紹介|クリームチーズも登場

公開日: 

c8611581dd6aec11ee7beed374c7f5af_m

夏の暑い時期にスルスルっと食べられる冷奴は食欲が落ちがちな時の強い味方ですね。

たまの休みに家族に料理を振る舞うお父さんのために簡単でしかも変わった冷奴の食べ方を紹介します。

イタリアンから和風まで幅広い食べ方を紹介しますので、是非参考にして下さい。

スポンサードリンク
 

冷奴の変わった食べ方|まるでイタリアン!

冷奴と言えば、ネギ、しょうが、かつお節、醤油、といったところが一般的でしょうか?

今回紹介する変わった食べ方はこれらを一切使いません。

使わないで、まるでイタリアンの一品のような料理を作ってしまいます。

用意する食材は、
・豆腐(絹ごしがおすすめ)
・オリーブオイル
・ケチャップ
・青じそ(お好みで)

これだけです。

青じそ以外は普段から冷蔵庫にありそうなものばかりですね。

食材を揃えたら、豆腐を少し水切りを行い、お皿に載せます。

水切りといっても普段冷奴を食べるように扱えば良いです。

豆腐の上にオリーブオイルをたっぷりかけます。

その上からケチャップをかけ、お好みで青じそをを散らして完成です!

どうですか?包丁すら使わないから、これなら普段料理をしないお父さんでも作れるでしょ?

しかも家族もビックリすること間違いなし!

イタリアンな変わった冷奴の食べ方をどうぞ試してみてください♪

冷奴の簡単アレンジ|ごま油と○○があう♪

引き続きたまにしか料理をしないお父さんのための冷奴の簡単アレンジを紹介します。

今回のアレンジではごま油を使ったものを2つ紹介します。

スポンサードリンク

1つ目はキムチやっこさんです。

用意するのは、次の4つです。
・豆腐(絹ごしがおすすめ)
・キムチ
・ごま油
・醤油

作り方は、水切りをした豆腐をお皿にのせます。

その上にキムチをお好みの量のせます(一切れが大きいキムチなら、適当な大きさにカットして下さい)。

その上からごま油と醤油を適量かけて完成です。

簡単にできますが、ドンドン箸が進む一品となっております。

2つめは塩ニラやっこさんです。

用意する食材は以下の通りです:
・豆腐(やっぱり絹ごしがおすすめ)
・ニラ
・塩
・ごま油

ニラを1cmほどに切り、ボールに適量の塩と一緒に入れ、塩もみをします。

軽くもんだら、ニラの水を切ります。

お皿にのせた豆腐に上で準備したニラをトッピングし、最後にごま油をたっぷり完成です。

ニラと豆腐ってこんなにあうんだ!という驚きと共にドンドン食べられますよ。

いずれの料理も普段台所に立たないお父さんでも出来る作り方となっています。

是非今週末にはササッと作って、家族をビックリさせてあげて下さい。

クリームチーズで作るおつまみは和風の変わり種

クリームチーズで作れるおつまみは色々とありますが、和風でしかも変わり種を紹介します。

簡単に言うとクリームチーズを豆腐に見立てて冷奴を作って下さい。

つまり、クリームチーズをお皿に盛り、そこにネギ・生姜・かつお節・醤油をかけたら完成です。

意外な組み合わせに思うでしょうが、とても上等な豆腐と言われなければ勘違いしそうなほどの絶品和風つまみとなっています。

家族を驚かせたいなぁ、というお父さんは是非やってみて下さい。

さいごに

普段は台所に立たないお父さんが家族に喜んでもらえる料理を簡単に作れるように、と変わり種の冷奴を紹介しました。

いずれも簡単にできるアレンジですので、まだまだ暑さの続くこの時期に作ってもらえると嬉しいです♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑