台風対策で窓ガラスには何?割れたらどうする?ガムテープの処理は?

公開日: 

023268

台風で窓ガラスが割れないように対策したいですよね。

外からベニヤ板などを釘で打ち付けられれば良いのですが、賃貸住宅ではそれは無理ですね。

マンションになると雨戸がついていないところがほとんどでしょう。

そんな中で台風に備えて窓ガラスに出来る対策を紹介します。

万が一台風で窓ガラスが割れてしまった時にガラスが飛び散らないための工夫や台風対策に使ったガムテープをキレイにはがす方法もお伝えします。

台風がやってくる前にしっかりとチェックしておいて下さい。

スポンサードリンク

台風対策で窓ガラスを割らないようにするにはコレが有効

台風対策として窓ガラスを割らないようにしたいと思っても賃貸住宅だとどうしても出来ることが限られますよね。

まず最初にお伝えしたいのは窓の外に何かを取付ける対策は絶対に行わない、ということです。

何かを取付けるつけるにしても釘などは使えませんので、テープ類に頼るしかありません。

しかし、風速数十メートルという風に加えて雨も降る台風では、テープがはがれてしまうことが予想されます。

そうなると、取付けたものが風で飛ばされてしまい、二次被害の原因となりかねません。

こうしたことから行うべき対策は室内から行えることに絞られます。

まず最初に行って欲しいのは、窓ガラスにガムテープをバッテン(×)に貼る、ということです。

たったコレだけのことですが、窓ガラスの強度を上げる効果があります。

その際のガムテープには布テープを使って下さい。

窓ガラスにもしっかりとくっつく粘着力の観点から布テープをおすすめします。

スポンサードリンク

さらに余裕があれば、窓ガラスのサイズにカットした段ボールを窓の内側からテープで留めるのも有効です。

これもやはり窓ガラスの強度を上げる効果が期待されます。

賃貸住宅でも出来て、しかも効果の高い方法をお伝えしました。

簡単に出来ることなので、是非とも台風対策に行って下さい。

台風で窓が割れても飛散しないための工夫

どんなに対策をしても台風で窓ガラスが割れる可能性はあります。

そんな時に割れた窓ガラスが部屋に飛散する、といった二次被害を防ぐための方法をお伝えします。

実は先ほどの章でお伝えした、ガムテープを×に貼る、段ボールを取付ける、というのはどちらも割れた窓ガラスが飛散するのを防ぐには有効な方法です。

割れないための対策にもなり、割れてしまっても飛散しない対策にもなっており、一石二鳥ですね。

その他には防犯用シートを窓ガラスに貼るのも有効な方法です。

こちらのシートは防犯を目的として、ガラスの飛散を防ぐ役割をしているので、台風で窓ガラスが割れしてしまった時にも飛散を防ぐ働きをもちろんしてくれます。

いかがでしたでしょうか?今回紹介した方法を実践して、割れた窓ガラスでケガをする、といったような二次被害が出ないようにしっかりと対策していきましょう。

台風対策で窓に貼ったガムテープをキレイにはがす方法

台風対策に窓にはガムテープが有効なことをお伝えしました。

このガムテープが時にはキレイにはがしにくいことがあります。

はいでもテープの跡が残っちゃうこともありますよね。

そんな時にはジッポオイルを使いましょう。

使い方は簡単で、残ったテープ跡にジッポオイルをかけます(しみこませます)。

30~1分ほど待って、はがすだけです。

市販のテープはがしなんかよりも効果は高いですから、是非とも試してみて下さい。

さいごに

台風対策として窓に対して行えることをお伝えしました。

また、不幸にも窓ガラスが割れてしまった時にガラスの飛び散ることを防ぐための対策もお伝えしました。

対策した後のガムテープをキレイにはがす方法も紹介しましたので、是非今回の方法で台風の窓ガラス対策を行って下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑