紫外線対策を子供のために親ができることは?小学校では?サングラスは?

公開日:  最終更新日:2015/03/06

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_m

一年の中でも紫外線が強い季節が近づいてきましたね。

自分の肌のことも気になりますが、小さな子供を持つお母さんにとっては子供の将来のことを考えるとしっかりと紫外線対策をしてあげたいですよね。

小学校などに通うとなると自分の目の届かないところで過ごす時間帯も多くなりますが、できるだけの対策はしてあげたいところ。

そんな子供想いのお母さんのために小さなお子さんに有効な紫外線対策の方法を紹介します。

スポンサードリンク

紫外線対策のために子供にできる事はコレだ!

紫外線対策にいくら有効な方法であっても子供たちにそれを行わせるのが無理であれば、絵に描いた餅になってしまいますよね。

例えば長袖を着せるというのは非常に有効な手段なので、大人だったらたくさんの人がこれを行っているかと思います。

しかし、暑くなる季節にそれを子供ができるか、というとどうでしょうか???

おとなしく着ていない子が多いのではないかと思います・・・

なので、実際に子供たちでもできるコトと考えるとまずは有効になってくるのが、帽子をかぶらせることです。

男の子だとキャップのタイプになると思います。

女の子だと可愛らしいお気に入りの帽子を一緒に選んであげると喜んでかぶってくれそうですね。

男の子・女の子にかかわらず帽子はなるべくツバの大きなものを選んで下さいね。

大きなツバであるほど紫外線を遮れる範囲が広くなりますので。

帽子と並んで子供さんに有効な紫外線対策は日焼け止めを塗ってあげることです。

日焼け止めを選ぶ際にはなるべくSPF20程度のあまりキツくないものを選んであげて下さい。

小さなお子さんの肌は大人に比べるとまだまだ敏感なものです。

SPF50などの日焼け止めは効果が大きい一方でどうしても肌にかかる負担も大きくなってしまう傾向になります。

したがって、小さなお子さんにはなるべく刺激の少ないものを選んであげて下さい。

一度塗れば2,3時間は効果が続きますので、SPF20程度のものをこまめに塗ってあげることがSPF50などを塗るよりも子供にとっては有効な紫外線対策となるでしょう。

帽子とこまめな日焼け止めで子供たちを紫外線からしっかりと守ってあげましょう!

紫外線対策って小学校にいる間はどうしよう?

お母さんと一緒にいる時には大人が気をつけてあげることで、しっかりと紫外線対策が出来ますが、小学校にいるなど親の目が離れた時の紫外線対策はどうしたものでしょうか?

なかなか100点満点の対策をするのは難しいかもしれませんが、ちょっとした心がけでかなりの効果が期待できますので、紹介しますね。

まず基本となるのは家をでる際に日焼け止めを塗ってあげることです。

この際には小学生の子供だとまだまだ大人に比べると肌が弱いので、刺激の少ないSPF20程度のものがオススメです。

本当はお昼休みあたりにもう一度自分で塗れると良いのですが、それも難しいでしょうから、登校する前にお母さんがしっかりと塗ってあげて下さいね。

次に気をつけたいのは体育などの際にかぶる赤白帽についてです。

スポンサードリンク

体育の時間は無条件で紫外線の降り注ぐ外で過ごすことになりますので、この際に頭部を中心に紫外線対策となる赤白帽は重要なアイテムです。

一般的に赤白帽というと首の後ろを保護する布がついていないものですよね。

ただ、この部分に布がついていて一般的なものよりも紫外線をカットしてくれる商品もあるそうなんです。

赤白帽というと学校の指定品という位置づけになるかと思いますが、紫外線対策の観点からこうしたものをかぶらせたいという要望を出せば大方の小学校では認めてくれるそうです。

ていうか、小学校側が認めない理由はないですよね?

脱線しますが、指定品以外はというとなぜ指定品以外はダメなのかを聞いてみてください。

きっとまともな答えは帰ってこないと思いますよ。

「みんなと同じでないと・・・」と言ってきたら、なぜみんなと同じでないといけないのかを聞いてみてください。

脱線しましたが、大事なお子さんのことですから学校任せになどせずにご自身でお子さんのためにできることはしてあげましょう!

また、晴天時には眩しさを感じるお子さんも中にはいらっしゃるでしょう。

このような場合にはUVカットのグラスがはいった伊達メガネをかけさせてみてはどうでしょうか?

サングラスのように色が入っていない透明なグラスでもUVカット機能がついたものはありますので、気になるようでしたらメガネ屋さんにいって相談してみてください。

小学校に登校していまうと、子供たちにやってあげられることは限られますが、出来る範囲で紫外線から子供たちを守ってあげましょう!!

紫外線対策としてサングラスを子供にかけさせるのはどうかな?

これからの季節ますます強くなる紫外線は目への影響も気になるところです。

この目への紫外線対策としてサングラスが有効だと言われています。

サングラスは確かによく見るとUVカットなどの表示がされている商品が多数ありますので、こうした商品を選ぶことは有効な紫外線対策となるでしょう。

ただ、子供にこのようなサングラスをかけることに抵抗を持っているお母さんも多いでしょう。

実は心配ご無用で、子供たちにもバッチリかけさせることができるんですよ。

意外かもしれませんが、サングラスの色とUVカット機能は全く関係がないのです。

黒なり茶色なりの色が濃くなったほうがUVを防いでくれそうですが、この点は全く関係ありません。

つまり色がついていない伊達メガネであってもUVカット機能のあるグラスを使っていれば、紫外線対策にバッチリ使うことができるのです。

雑貨店などにある商品の中からUVカットなどの記載のあるものを選んでも良いですし、しっかりとしたものを選びたいのであれば、メガネ専門店に出向き納得の一品を選ぶのも良いですね。

確かにメガネ専門店であれば、お子さんと一緒に来店すれば、お子さんの顔の大きさに合わせたメガネを選び必要なら微調整もしてもらえますので、より良いかもしれないですね。

紫外線対策にサングラスは有効なことは間違いなく、サングラスにこだわらずUVカットのメガネを選べばお子さんがかけるのにふさわしい物を選ぶことも可能ですね。

まとめ

親の心子知らずとはよく言ったもので、お母さん方の心配を他所に子供たちは思ったとおりには紫外線対策をしてくれません。

そんな状況でもお子さんをできるだけ紫外線から守れるように、お子さんに適した日焼け止め・帽子・サングラス(UVカットメガネ)などを上手に使っていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑