泡盛の飲み方で沖縄の主流は?コーヒー?シークワーサー?

公開日: 

14bcb976de130feb2515c40580487d10_m

泡盛は今や日本全国のお酒屋さんで購入することが出来、家庭で楽しむ人も多いでしょう。

そんな泡盛を本場沖縄ではどんな飲み方で楽しんでいるかを紹介します。

コーヒーと一緒に飲むという噂が本当なのか?シークワーサーで飲む時の注意すべき点についてもお伝えします。

スポンサードリンク
 

泡盛の飲み方は沖縄ではこれが主流

泡盛の本場である沖縄での飲み方はどんなものが主流なのかをお伝えします。

お酒というと風味を楽しみたい通はロックという印象があるかと思うのですが、沖縄での泡盛の飲み方の主流は「水割り」です。

ロックやストレートで楽しむ人というのはいなくはないですが、ほとんど見ないです。

水割りが主流の理由は沖縄の飲み会が異常に長いことに由来すると考えられます。

沖縄の飲み会は夜8~9時に始まることが多く、終了するのは夜も開けだす4時、5時ということがザラにあります。

これだけ長い夜を楽しむにはさすがに度数が30%を越える銘柄も多数ある泡盛をロックやストレートではキツすぎるのでしょう。

その代わりに何杯も水割りを沖縄の方は飲みますけどね(笑)

この水割り文化が根付いていることもあり、沖縄の居酒屋では泡盛のボトルがお得で(1本:1,000~2,000円程度が主流です)、氷・お水はサービスでついてくるのが当たり前となっています。

沖縄での泡盛の飲み方は「水割り」と覚えておいて下さい。

スポンサードリンク

泡盛の飲み方でコーヒーと一緒に飲む?

泡盛の飲み方にコーヒーと一緒に飲む、というのがあるのをご存知でしたか?

正確には泡盛の水割りにコーヒーを混ぜて飲むということです。

作り方は簡単でいつも通りに作った泡盛の水割りにブラックのコーヒーをチョロっと入れる、これだけです。

コーヒーの風味で泡盛が飲みやすくなるので、若い女性にもオススメです。

沖縄ではこの飲み方は結構メジャーなので、お店でもコーヒーを置いてあることも多いですよ。

コーヒーの他にも沖縄では泡盛をさんぴん茶で割る、飲み方もあります。

こちらも水割りを作って、最後にさんぴん茶を加えるだけです。

どちらの飲み方もコレを知っていたら沖縄通、といったところなので、是非試してみてください。

泡盛の飲み方をシークワーサーと飲むならコレに注意

泡盛の飲み方でシークワーサーで割る、という飲み方があります。

大きく分けると、シークワーサーの実そのものを絞るパターンとシークワーサーの絞った商品を使うものがあります。

シークワーサーの実を使う時は泡盛の水割りに実を絞った液を加えるだけなので、間違えようがありません。

シークワーサーを絞った商品(瓶詰め・ペットボトル詰めなど)を使う際には果汁100%の商品を必ず使うようにしましょう。

そうでない商品ですとシークワーサーの風味も十分には楽しめない上に変な甘みも加わってしまいます。

果汁100%を用意したら、泡盛の水割りを作り、仕上げにシークワーサー果汁を入れて混ぜましょう。

泡盛とシークワーサーを一緒に飲むなら果汁100%が鉄則ですよ!

さいごに

泡盛を楽しむ方は沖縄に限らずいらっしゃることでしょう。

そんなあなたのために沖縄での主流の飲み方やコーヒーやシークワーサーと一緒に楽しむ方法をお伝えしました。

泡盛で楽しい時間をお過ごしください♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑