結婚式の費用を抑える方法とは?費用節約・削減のコツを紹介

公開日: 

fb46f007172c0226e58f5cda5237440d_m

結婚式の費用は思わぬところで何かと増額していくことが多いです。

そこで結婚式の費用を抑える方法や節約・削減のコツを紹介します。

限られた予算で満足いく結婚式を行うためにもしっかりと確認して下さい。

スポンサードリンク
 

結婚式の費用を抑える方法を紹介

結婚式の費用を考えている内容を削らずに抑える方法を紹介します。

そのためのポイントはグッズの持ち込みと外部専門業者の利用です。

例えば、テーブルのネームプレートなどは新郎新婦が手作りで準備する、ということも多いです。

今なら簡単に作れる手作りキットが販売されていますので、こうしたものを利用すると費用を抑えることが出来ます。

また、写真撮影・ビデオ撮影などを式場が契約している会社ではなく、自分で手配した専門業者に行ってもらうのも費用を抑える方法として有効です。

このような持ち込み・外部業者にお願いする際に気をつけなければならないのは、「持ち込み料」です。

単体の価格は安くても持ち込み料を加味するともともとの金額よりも高くなってしまうこともあるので、検討する際には持ち込み料まで加味した価格で比較を行いましょう。

また会場によっては一切持ち込みを禁止していたり、項目によっては持ち込みを禁止しているケースもありますので、事前に確認することを怠らないで下さい。

とは言え、一般的には外部の専門ショップにお願いすることで出費を抑えられるケースは多いですので、有効な方法ですよ。

結婚式の費用を節約するには

結婚式の費用を節約したい新郎新婦におすすめな方法はオフシーズンを狙う、ということです。

一般的にブライダルのハイシーズンは春と秋になります。

そこで、これらを外したシーズンに結婚式を行うことで、式の内容は変えずに費用を節約することが可能です。

スポンサードリンク

その他にも特定の日に結婚式を行うことで、オプションが無料で付いてくる特典や割引プランが用意されている会場もありますので、検討の際にはその点についても情報を集めましょう。

また、結婚式自体を人前式にすることで、キリスト教式や神前式よりも約10万円節約することが可能です。

特に信仰している宗教のしばりがないカップルを中心に人前式を選ぶケースが増えていますので、是非とも検討して下さい。

それぞれの式にかかる費用の詳細についてはこちらの記事に記載してありますので、チェックしてみてください。

参照:結婚式の費用内訳ごとの平均はいくら?エンドロールは?人前式は?

結婚式の費用を削減する方法はコチラ

結婚式の費用を削減するには現在出ている見積の内容から何かを削るもしくはグレードを下げる必要があります。

その際に重要なのは自分たちにとって何を優先すべきか、ということです。

例えば、結婚式にかかる費用で大きな割合を占めるのが、ゲストにかける費用(食事・ドリンク・引き出物など)になります。

仮にゲストが60名だとして、食事を2,000円安いコースにし、ドリンクの種類を抑えて1,000円安くし、引き出物を1,000円安いものに変更したとします。

これだけで、60名 x (2,000円 + 1,000円 + 1,000円) = 240,000円の節約になります。

また、ビデオ撮影には100,000円~150,000円が必要になるのが一般的ですので、これをやめればそのままその金額を節約することが可能です。

あなたたちがゲストのみなさんをもてなすことに優先順位を高くするなら、前者の節約方法は向いていません。

また、あなたたちがビデオなどの思い出が形として残るものを優先したいと、と考えるなら後者の節約方法はおすすめできません。

このようにあなたたちにとって、何が大事なのかをしっかりと2人で話し合って、優先順位の低いものから削っていくのが費用を削減するコツとなります。

さいごに

結婚式を思い通りに行いたいけど、現実問題として予算が限られるので、費用を削ることを考えないといけない新郎新婦のために費用を節約するためのコツや考え方を紹介しました。

今回の内容を活かして、上手に費用削減に取り組んで下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑