神奈川新聞花火大会は車で行ける?野毛山公園や港の見える丘公園で見れる?

公開日: 

029865

神奈川新聞花火大会は例年20万人の人出がある、大賑わいの花火大会です。

打ち上げ会場となる臨港パークへは最寄り駅が3路線・3駅あることもあり、電車で訪れる人が多いです。

ただ、小学生低学年もしくはそれより小さいお子さんと一緒に花火を楽しもうというお父さんの中には、車で会場近くまで行くことを考えている人もいることでしょう。

そこで、神奈川新聞花火大会を見に車で行こうと考えているお父さんのためのお役立ち情報を紹介しましょう。

スポンサードリンク
 

神奈川新聞花火大会は車で打ち上げ会場まで行ける?

神奈川新聞花火大会はみなとみらい地域にある臨港パークで打ち上げが行われます。

ランドマークタワーやパシフィコ横浜などがあるみなとみらい地域には駐車場もたくさん整備されています。

花火大会当日もこうした駐車場を利用できれば良いのですが、残念ながらそれは難しいと考えたほうが良いでしょう。

また、花火の打ち上げ時間前後には周辺道路の車両規制も行われますので、ますます車で会場近くまで行くことはおすすめできません。

車を使って打ち上げ会場近くまで行こうと思ったら、どうしたら良いのでしょうか?

直接打ち上げ会場まで出向くのは難しいので、会場から少し離れた駅前に駐車し、その駅から最寄駅まで電車で移動するのが良いでしょう。

横浜駅もしくはそれよりも離れた駅前もしくは中華街の駐車場を使うのが良いでしょう。

直接会場まで車で乗り付けるのはほぼ無理なので、諦めたほうが良いです。

小さいお子さんがいて、電車での移動は無理だ、というお父さんのために会場からは少し距離がありますが、駐車場が整備されていて、花火も楽しめるスポットを次の章でお伝えします。

神奈川新聞花火大会を野毛山公園から見れる?

神奈川新聞花火大会を小さいお子さんと一緒にゆっくり見たいなら野毛山公園をおすすめします。

スポンサードリンク

打ち上げ会場からはいくらか距離が離れていますが、花火を見ることは出来ますし、人混みもそれほどではないので、小さいお子さん連れには特におすすめです。

野毛山公園には動物園も併設されているので、動物園と花火の両方を家族で楽しめると良いのですが、時間の関係でそれは実現できないようです。

動物園の閉園時間は16:30、花火の打ち上げ開始予定は19:00となっていますので、2時間半小さいお子さんを待たせるのはちょっと厳しいですよね。

公園周辺の駐車場事情についても紹介します。

野毛山公園自体には駐車場はないですが、近隣には駐車場があります。

大体の駐車代金についてですが、野毛山有料駐車場(横浜市交通協会が運営しています)を例にすると、平日は200円/30分、土日祝日は250円/30分となっています。

車での移動のみを考えているお父さんにはおすすめのポイントですよ。

神奈川新聞花火大会を港の見える丘公園から見れる?

神奈川新聞花火大会の穴場として港が見える丘公園は知られています。

言うまでもなく超有名観光スポットですが、打ち上げ会場から距離があるのと、見える場所は公園内でも限られることから、人が押し寄せる場所ではありません。

比較的ゆっくりと見られますので、小さいお子さん連れにも安心ですね。

公園内での場所取りを間違うと花火が見られないので、細心の注意を払って下さい。

みなとみらいの臨港パークで打ち上がるので、山下公園側の展望エリアから見られるでしょう。

最終的な細かい場所の確認は当然ですが、現地でしっかり行って下さい。

車での移動を考えているお父さんが気になるのが駐車場ですが、観光スポットなので、豊富に揃っています。

駐車代金の目安ですが、24時間使える港が見える丘公演駐車場を例にすると、平日は200円/30分、土日祝日は最初の1時間:500円、以降は30分毎に250円となります。

もちろんこの他にも駐車場はたくさんありますので、心配ありません。

さいごに

神奈川新聞花火大会を小さいお子さんも一緒に観覧予定のお父さんのために車での移動を中心に考えた、情報をお伝えしました。

小さいお子さんも一緒に楽しむなら、やっぱり混雑回避は必須ですので、野毛山公園や港が見える丘公園を優先的に考えてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑