結婚式のウェルカムボードの作り方はコレ|アイデアは?手作りなら?

公開日: 

bb00c1a97241b7fc470a62d7fd185728_m

結婚式当日に新郎新婦に変わって、ゲストを迎えてくれるウェルカムボード。

そんなウェルカムボードを新婦がこだわって作りたいと思っているが、アイデアに煮詰まっているよう。

新郎である自分も何とかアイデアを出してあげたいけど、今まで友達の結婚式でそんなに注目してなかったから、アイデアなんて出てきやしない。

そんな悩める新郎諸君、もう大丈夫だ!

ウェルカムボードにはどんな作り方があるのか?アイデアはどうやって見つけたら良いのか?手作りするならどんなパターンがあるのか?を君に伝授しよう。

しっかり読んで、君のフィアンセをしっかりフォローしてあげよう!

スポンサードリンク
 

結婚式のウェルカムボードの作り方【基礎編】

結婚式のウェルカムボードって作り方は色々だけど、まずはどんなふうに考えたら良いのか?キッカケとなるヒントを紹介する。

二人の思い出を振り返ろう

「出会ってから、こんなところに行ったね。」

「こんなビックリするような事件があったね!」

なんていうふうに二人の思い出を振り返ってみて、それをウェルカムボードの題材にするという作り方があります。

例えば、映画館に最初のデートに行ったカップルは、ウェルカムボードを映画のポスター風に仕上げてみんなに披露しています。

その他には夫婦そろって大の広島ファンのカップルは2人が広島のユニフォームを着たイラストを書いてもらい、ウェルカムボードに使っています。

二人の思い出からアイデアを探すのはおすすめですよ。

結婚式の会場のイメージにあわせる

どんな結婚式・披露宴にしたいか?どんな雰囲気の会場にしたいか?

それに合せてウェルカムボードを作るというやり方もあります。

花であふれる会場にする計画なら、ウェルカムボードもたくさんの花で飾り付けるのが良いでしょう。

神前式を行うので、和の雰囲気を出したいのであれば、書道で書いた文字を額に入れ、ウェルカムボードにするなんていうのもあるぜ。

会場と一体感を出せるのは良いですね。

まずは基本的な作り方を紹介しましたが、すでにかなり参考になってますよね?更にアイデアをどんどん紹介しますので、引き続き要チェックですよ。

スポンサードリンク

結婚式のウェルカムボードのアイデアはこう考える

結婚式のウェルカムボードのアイデアに詰まった新婦のためにこんなふうに考えたら、アイデア浮かんでくるんじゃない、というヒントを紹介。

しっかり、新郎のあなたが理解して新婦を助けてあげてね。

趣味を活かしてみる

二人の趣味を考えのキッカケにするのは良いよ。

山登りが二人の趣味だったら、山小屋風の飾り付けをしたウェルカムボードなんてどうだろうか?

こういうことが趣味なんだ、と来てもらったゲストの皆さんへの自己紹介にもなりますよ。

ドライブするのが二人とも好きなら、車をモチーフにするなんていうのもありますね。

ゲストとの思い出を振り返る

式当日に忙しい中、駆けつけてくれるゲストのみんなとの思い出を考えるキッカケにするのもいいねぇ。

自分が写っていれば、ゲストのみんなも喜んでくれるし、これまでの感謝の気持を伝えることもできるね。

こんな感じで特別難しいことを考えなくても君と彼女とその周りの人達のことを思い出せば、アイデアはなんぼでも出てくるよ。

結婚式のウェルカムボードを手作りするならこんな作り方もあるよ

結婚式のウェルカムボードを手作りしようと思うならこんな作り方はどうだい?っていう方法を提案するぞ。

大切な人と協力して作る

家族、友人、もちろん君と彼女、などなど、今までかけがえのない時間を過ごしてきた人たちと一緒に作るってのはどうだい?

お母さんの趣味がフラワーアレンジメントなら、お花いっぱいのウェルカムボードを作ったらいいんじゃないの?

友達にも協力してもらって、たくさん写真を集めて、それをぺたぺた貼るなんていうやり方もあるよね。

式当日にゲストのみんなと一緒になって作る

ウェルカムボードにゲストのみんなに一言コメントなり、はり絵の一片なりをしてもらって、式当日にウェルカムボードが完成するなんていうのもいいね。

なかなかウェルカムボードの制作に自分が関わることってないから、きっとみんなの思い出に残ってくれるはずさ。

こうやって色々な人と作るのって、みんなにとってもええ思い出になると思うんだよね。

彼女に提案してみて。

さいごに

なかなか男連中が気にしていないであろう、ウェルカムボードをいざ自分が作る側になったら、どうアイデアを考えていったらよいかを実例も交えながら紹介しました。

とは言え、結婚式の主役は新婦だから、君のアイデアを押し付けるんじゃなくて「こんな風に思うんだけど、どう?」と提案するように言ってね。

二人にとって満足の行くウェルカムボードが出来ますように♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑