スイカの栄養は子供たちにも有効!お母さんにも嬉しい効果を紹介

公開日: 

5bbc4ea3d4554f6a947211e4cf4d10ad_m

夏場になると子供たちがご飯をあまり食べないのに、スイカをバクバク食べることってありますよね。

我が家のちびっ子もそんな感じです。

親としてはそんなに食べて大丈夫なのか?と心配になりますが、スイカに含まれる栄養からその点がどうなのかを解説します。

また、スイカに含まれる栄養にはお母さんにも嬉しい効果がありますので、それについても紹介していきます。

スポンサードリンク
 

スイカの栄養で子供たちもより元気に!

スイカを子供がバクバク食べると心配になるのが、食べ過ぎで太らないか?ということではないでしょうか?

この点はまず心配いりません。

スイカの90%が水分ですし、そのカロリーは100gあたり37kcalです。

子供たちが大好きなチョコレートのカロリーは100gあたり588kcalなので、わずか十六分の一です。

これだったら、よっぽどお菓子を食べるよりもスイカを食べてくれた方が良いですよね。

次に心配になるのは水分のとりすぎでお腹を壊さないか、ということでしょう。

これはスイカを沢山食べる時は麦茶・お水といった飲み物を減らすように調整すれば、問題ないでしょう。

むしろ夏場は水分不足による熱中症などが心配になりますので、これを防ぐ効果が期待できますね。

スイカに含まれる栄養には糖分の他にカリウムなどのミネラルがあります。

熱中症対策にはこまめな水分の補給とミネラルの補充が有効ですので、スイカを食べればこうした対策がバッチリ行えますね。

更にスイカに食塩をかけて食べるようにすれば、塩分の補給もしっかりと行えます。

つまり、子供の熱中症対策にスイカを食べることは非常に有効な手段であることが分かります。

スイカをバクバク食べることは子供たちの健康にとって、むしろ良いことが分かりましたね。

スイカの栄養でより一層元気に子供が過ごすことができますよ!

スポンサードリンク

スイカの栄養とその効果を紹介

スイカに含まれる栄養には子供たちよりもお母さんに嬉しい効果がたくさんありますので、そちらを紹介します。

スイカに含まれる栄養には美容効果があるんです!

その中でも特に嬉しいのが、リコピン・シトルリン・カリウムになります。

「リコピン」はトマトに豊富に含まれる栄養素としても有望ですが、スイカにはトマトの1.4倍ものリコピンが含まれているんです!

リコピンの効果として特に女性に嬉しいのが、抗酸化作用です。

抗酸化作用とは言い換えれば、アンチエンジング効果になります。

つまりスイカにを食べることで、スイカに含まれるリコピンの効果でいつまでも若々しくいられる、ということですね!

「シトルリン」は他の野菜・果物にはほとんど含まれてない、非常に貴重な美容成分なんです!

シトルリンはアミノ酸の一種なのですが、その効果は血管を若々しい状態にし、血流を良くする、というものがあります。

これにより冷え性やむくみといった女性の大敵を改善することに役立ってくれるんです。

その他にも抗酸化作用やコラーゲンの分解抑制といった効果もあることが分かっています。

むくみをなくしてくれる上に美肌効果もあるなんて、良いことずくめな栄養成分ですね!

最後に紹介するのは「カリウム」です。

カリウムの重要な働きは体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出してくれる、ということです。

塩分を排出してくれるので、高血圧を予防する効果がありますし、肌のむくみを解消する効果もあります。

健康にも美容にも嬉しい効果があるのがカリウムなんです。

このようにスイカには女性には嬉しい健康・美容の両面に高い効果を持つ栄養がたくさん含まれているので、お母さんも積極的に食べて下さいね!

さいごに

スイカをバクバク食べることは子供たちにとって、良いことが分かっていただけたかと思います。

特に親としては夏場に気になる子供の熱中症対策としてスイカを上手に使っていきたいですね。

健康・美容の両方で有望な食べ物であることもお伝えしたので、子供さんたちだけでなく、お母さん方にも積極的に食べていただきたいです!!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑