冬瓜に含まれる栄養と効能とは?鶏肉とのレシピは簡単|豚肉のレシピもあります

公開日: 

プリント

冬瓜はその名の通り、夏場収穫したものが常温で冬まで持つという、非常に保管に優れる野菜です。

しかも含まれる栄養は多種に渡り、効能も様々です。

我が家でいつも食べている鶏肉・豚肉を使った簡単レシピを紹介しますので、献立の参考にしてもらえると嬉しいです♪

スポンサードリンク
 

冬瓜に含まれる栄養とその効能はこちら

冬瓜に含まれる主な栄養は以下の通りです:
・カリウム
・ビタミンC
・サポニン
・トリテルペン

まずはカリウムの効能を紹介します。

カリウムには体内の塩分(ナトリウム)を排泄する働きがあります。

冬瓜には昔から利尿作用があることが知られていますが、コレにはカリムが関わっています。

これにより体内の余分な塩分を排出してくれます。

余分な塩分が排出されると、むくみが起こるのを防いでくれますし、高血圧予防にも効果があります。

つづいてビタミンCの効能を紹介します。

冬瓜に含まれるビタミンCは100gあたり39mgですが、実はこの量はビタミンC食品の代表格であるみかんやグレープフルーツよりも多いんです!

ビタミンCは免疫強化作用があり、結果として風邪予防の効果があります。

また、美肌効果があることも知られており、体内でコラーゲンを作るのに欠かせない成分です。

健康と美容の両面に効果がある、素晴らしい食品ですね。

その他にあげた、サポニンには脂肪を分解する効果があることが知られていますし、トリテルペンには抗ガン作用があります。

このように冬瓜には実に様々な栄養が含まれており、しかも効能も多岐にわたることが分かりました。

次から紹介する簡単レシピで冬瓜をしっかり食べて、健康で美しい体を手に入れて下さい。

スポンサードリンク

冬瓜と鶏肉を使ったレシピで簡単一品

我が家は旦那・子供たちも含め基本的に肉食系家族です。

なので、冬瓜のような野菜はお肉と一緒に調理することが欠かせません。

そんな中、冬瓜と鶏肉の相性は抜群で、よく一緒に調理します。

まずは定番かつ簡単なレシピとして、鶏肉と冬瓜の煮物を紹介します。

・お好みの大きさに鶏肉をぶつ切りにします。

・皮をむいた冬瓜をお好み大きさに切ります。

・だし汁に醤油・塩・砂糖で味付けしたもの(お好みでめんつゆで代用可)にぶつ切りにした鶏肉を入れます。

・ひと煮立ちさせたら、冬瓜を入れます。

・そのままコトコト煮ます(冬瓜が透明になり、竹串がスッと通ればOKです)。

・最後に水溶き片栗粉を入れてとろみを付けて完成です。

本当に定番ですが、両者の相性はバッチリで子供たちもたくさん食べてくれます。

その他にも鶏がらベースに鶏肉・冬瓜・生姜・干しエビなどを入れて、塩・醤油で味付けした、スープもとっても美味しいので、おすすめです。

冬瓜と鶏肉の相性バッチリなコンビの味を楽しんで下さい♪

冬瓜と豚肉を使ったレシピを紹介

肉食系の家族は毎日が鶏肉料理では満足しません。

そこで、我が家で夏場にはしょっちゅう作る、冬瓜と豚肉を使ったレシピを紹介します。

用意する食材は、冬瓜・豚肉・ほうれん草です。

・適当な大きさに切った豚肉と皮をむき一口大に切った冬瓜を炒めます。

・両者に十分火が遠たら、ざく切りにしたほうれん草を入れます。

・ほうれん草が若干しなっとしたら、かつおだしの素・塩・醤油で味付けをして完成です。

とっても簡単な料理ですが、ご飯がドンドン進む料理ですよ。

豚肉の場合も鶏肉と同様に様々な具材と一緒にスープにしても美味しいですね。

簡単で栄養が高い冬瓜料理で暑い夏に打ち勝ちましょう!

さいごに

冬瓜には意外にも(?)様々な栄養素があり、その効能も多岐にわたることが分かりました。

今回紹介した、鶏肉や豚肉を使った簡単に出来るレシピを参考にした、暑い夏に負けずにモリモリ食べましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑