暑さ対策には窓にサンシェード・すだれ・フィルムを上手に利用しよう!

公開日: 

簾

暑さが増すこれからの時期は暑さ対策が欠かせません。

特に日光が入ってくる窓にどんな対策をするかが重要です。

そこで、今回は窓への暑さ対策として有効なサンシェード・すだれ・フィルムについてそれぞれの特徴や効果を紹介します。

あなたの暑さ対策の参考にして下さい。

スポンサードリンク
 

暑さ対策として窓の外にサンシェードを設置しよう!

暑さ対策としては窓から入る日光・紫外線をいかにカットするかが重要です。

特に南向きの窓や朝日が入る東向きの窓、西日対策などは暑い季節を快適に過ごすためには重要です。

部屋に入る日光・紫外線を物理的に直接カットしています、サンシェードは有効な対応策の1つです。

サンシェードは商品によっては(洋風)たてす、よしずなどの名称で販売されています。

これらの商品の大きな特徴は設置が簡単ということです。

一部の商品を除き、設置方法としては、
・本体(日光を遮る布地)を広げる
・骨組み(足)を連結して、本体の両脇に差し込む
・窓の外部に立てかける
といった感じの簡単なものです。

ある程度骨組みに重みがありますので、ちょっとの風ではビクともしない優れ物です。

心配でしたら、下の部分をベランダの手摺やブロックなどに固定するのも良いですね。

直接日光・紫外線をカットするのは本当に暑さ対策としては有効ですので、お手軽に試せるサンシェードを使う方法はおすすめです。

暑さ対策で窓の外にすだれを設置するのは有効

暑さ対策として古くから窓に設置されてきたのがすだれですね。

一般的には窓の外に何らかの金具・ネジなどで固定して、上から吊るすというタイプが多いですね。

窓の外に設置しますので、室内に熱を入れない効果があります。

スポンサードリンク

また、同様に外に設置するので、窓を開けて(日光を遮って)涼しい風を室内に取り込むことも可能です。

立すだれと呼ばれる、窓の外に立てかけるタイプのすだれは一般的には「よしず」と呼ばれます。

こちらも古くから暑さ対策として日本の家庭で使われて来ましたね。

私の実家でも古くから今でも夏場にはよしずが設置されています。

すだれを使う際の一工夫を紹介します。

それはすだれに内側に農業用の遮光シートを貼るということです。

このシートはその名の通り遮光してくれますので、暑さ対策にも有効です。

ただ、それをそのまま使うというのは外観上よろしくないので、すだれに内側に張って外からは見えなくする、というのがオススメです。

シート自体の価格は数百円ですので、費用対効果は大きいですよ。

日本古来から使われてきたすだれで暑さ対策もバッチリですね♪

暑さ対策として窓にフィルムを貼る前にチェック

暑さ対策として窓にフィルムを貼ることを考えている方もいらっしゃることでしょう。

実際にフィルムを貼る前にチェックして欲しいのがどんな窓が使われているか?、ということです。

というのもフィルムには大きく分けると2つあり、紫外線のカットのみの効果を持つものと遮熱効果もあるフィルムに分かれます。

紫外線カットの効果のみとなると、間接的には暑さ対策も期待できますが、そこまで大きな効果を期待するのはどうでしょうか?

そして、この紫外線カット(UVカット)については、最近の窓ガラスには最初からそのような加工がされているものがほとんどです。

つまり、すでに紫外線カット加工がされている窓にさらに紫外線フィルムを貼ったところで、暑さ対策としてはあまり大きな効果を望めないということです。

無駄な出費を防ぐためにもご自分のお住まいの窓ガラスがどのようなタイプであるかをまずは確認しましょう!

さいごに

暑さ対策として日光が降り注いでくる窓に対策とするというのは、暑い季節を快適に過ごすために非常に有効な方法です。

特に効果が高く手軽に設置できるサンシェード、すだら、よしずなどを上手に使って暑い夏を上手に乗り切りましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑