東京湾花火大会のお台場海浜公園での場所取り・出店・トイレ事情紹介

公開日: 

DVC00138

東京湾花火大会(東京湾大華火祭)をお台場のビーチ(お台場海浜公園)で見る人は毎年多数います。

ビーチでの観覧を予定している人に場所取りのコツ、出店を始めとする飲食品の入手事情、そしてトイレ事情についてお伝えします。

東京湾花火大会の観覧前にしっかりチェックしていって下さい!

スポンサードリンク
 

東京湾花火大会をお台場海浜公園で見るなら場所取りは何時までに行う?

東京湾花火大会(東京湾大華火祭)をお台場のビーチ(お台場海浜公園)で楽しむ人は多いですね。

気になる場所取り事情について紹介します。

まずビーチの中でベストポジションをになるのは、ビーチの中ほどになります。

あまり、レインボーブリッジ寄りの場所を選んでしまうと、花火がレインボーブリッジにかかってしまいますので、ほどほどの距離を確保するのが良いでしょう。

場所取りの時間ですが、遅くとも午後4時までには済ませたいところです。

4時までならある程度好きな場所が取れる感じですが、5時になってしまうと、あまり場所は空いていないと覚悟しましょう。

もちろん朝から場所取りをする人はいるのですが、皆さん一日中そこにいるわけではありません。

シートを敷いて名前を書いて、四隅を重石・杭・(コンクリート上なら)ガムテープなどで固定して、その場から離れています。

時間が許すなら早めにいって良い場所を確保して、室内施設で1日ゆっくり過ごすのも良いですね。

お台場海浜公園で場所取りをするなら午後4時までを1つの目安に当日を迎えて下さい。

東京湾花火大会当日のお台場の出店事情は?

東京湾花火大会(東京湾大華火祭)の当日にはお台場のビーチにも出店は出ます。

スポンサードリンク

とは言え、数にも限りはあり、味と値段のバランスから言うと微妙なので、他のお店で食べ物・飲み物は確保するのが良いでしょう。

一番のおすすめは、ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」下車して2階部分へ下ったところにある「スーパーマルエツ お台場店」で調達することです。

*りんかい線を利用の際は「東京テレポート駅」より海浜公園方面へ徒歩6分の距離にあります。

スーパーですので、お安く食べ物・飲み物を調達することが出来ますし、スーパー外の通路にも出店が出ていますので、こちらでも購入することが出来ます。

朝の9時から夜の10時まで営業していますので、場所取りから帰りまでお世話になれますね。

その他にもお台場海浜公園周辺にはコンビニなどもありますので、食べ物・飲み物の調達には困りませんね。

東京湾花火大会をお台場海浜公園で見たいがトイレ事情は?

東京湾花火大会をお台場のビーチで楽しむ際にどうしても気になるのがトイレ事情ですね。

特にトイレの近い方や小さなお子さんをお連れの方は把握しておきたいところです。

ビーチには3箇所の常設トイレがありますが、花火大会当日はどこのトイレも長蛇の列になってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、アクアシティお台場やデックス東京ビーチのトイレを利用することです。

こういった施設でしたら、数も豊富にあり、キレイに清掃されていて気持よく使えます。

ちょっと歩く必要があるのが難点ですが、そこは割りきって当日はこれらの施設のトイレを使うことを強くおすすめします。

トイレ対策も万全にして、楽しい花火大会を過ごして下さいね♪

さいごに

東京湾花火大会をお台場海浜公園で楽しむのは実は結構手軽にできます。

場所取りもそれほど早くからする必要もないですし、食べ物・飲み物の調達する場所にも困りません。

トイレも周辺の商業施設をうまく使えば困ることもありません。

混雑することだけは避けがたいですが、楽しい花火観覧を行ってください!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑