東京湾花火大会でお台場の混雑は?場所取りの時間は?帰りの様子は?

公開日: 

733eef60b31487782c309f79b3a39645_m

東京湾花火大会(正式名称:東京湾大華火祭)は約70万人もの人出がある大規模な大会です。

無料で花火が楽しめるスポットとしてお台場は大人気ですが、この地域だけでも十数万人の人出が毎年見込まれています。

そんなお台場で東京湾花火大会をしっかりと楽しむために予備知識としてしっておくべき、混雑状況・場所取りの時間・帰りの状況についてお伝えします。

スポンサードリンク
 

東京湾花火大会当日のお台場の混雑状況は?

東京湾花火大会が無料で楽しめるスポットの中でもお台場はゆりかもめなどがあり交通の便が良いこともありとても混雑します。

人出は十数万人と見渡す限り「ひと・ひと・ひと」の状況です。

とは言え、主な花火観覧スポットであるお台場海浜公園(ビーチ)や潮風公園が人で溢れかえるようになるのは、花火の打ち上げ時間が近づいて来てからになります。

したがって、場所取り自体は朝イチで乗り込むといったことをしなくても、十分に花火が見える場所を確保することが出来ます。

場所取りをどれくらいの時間までに行うのが良いかは、次の項目でしっかりと書いていますので、そちらを参考にして下さい。

東京湾花火大会が無料で楽しめる上に交通の便も良いという条件が揃っているお台場は混雑もすごいということをしっかりと認識しておいて下さいね。

東京湾花火大会をお台場で見るなら場所取りの時間はいつまでに行う?

東京湾花火大会をお台場で見る際の主な場所はお台場海浜公園(ビーチ)や潮風公園になります。

ビーチで場所取りをする際にはあまりレインボーブリッジに近づきすぎると、橋が邪魔になって花火が見にくいので、ビーチの中ほどに場所を確保するのが良いでしょう。

スポンサードリンク

気合の入った方は始発で乗り込んで場所取りをする人もいます。

また場所取りはシートを敷いて四隅を飛ばないように重石やガムテープなどで固定して名前を書いておけば、その場を離れることも可能です。

したがって、このように場所取りを早い時間に済ませてしまい、そのままお台場で花火の時間まで遊ぶという楽しみ方も出来ます。

一方、花火の時間に合せてお台場に行く方が、場所取りをこの時間までに済ませたほうが良いのはずばり午後4時です。

例年ですと午後4時なら割と好きな場所を取ることが出来ますが、午後5時になるとほとんどの場所は埋まっているといった感じです。

4時か5時かの1時間の差は大きいですから、場所取りの時間は午後4時を目安に完了するようにして下さい。

まだまた、4時だと暑いですから、場所を確保した後は屋内施設で涼むのもありですね♪

東京湾花火大会をお台場で見た帰りの混雑状況は?

東京湾花火大会をお台場で楽しむ人は十万人を超えますので、その人達が一斉に引き上げる帰りも当然ながら大混雑です。

周辺の道路はもちろん混雑しますし、ゆりかもめも大混雑です。

あまりの混雑のせいで入場制限がかかり、乗車できるまで1時間は覚悟しておきましょう。

同じように混雑はしますが、一度の乗客人数がより多いりんかい線の方が早く乗れるかと思います。

帰りの方向がりんかい線に向いている人はこちらを利用することも考えてみてください。

とは言え、一番のおすすめは花火終了後も1時間ほどはその場で花火の余韻や夜景をゆっくりと楽しんでから帰ることです。

どうせ混雑していることが分かりきっているんですから、それだったらゆっくりしていっても良いのではないかと思いますよ。

さいごに

東京湾花火大会の観覧スポットとして大人気のお台場はとても混雑します。

場所取りをする際には遅くとも午後4時までに済ませれば、お好みの場所を確保することが出来ます。

帰りの混雑も相当ですので、花火後も夜景などをゆっくりと楽しんでから帰るのがおすすめですよ♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑